スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マラソン

今日は東京マラソン開催日です。
朝テレビでの石原知事のコメントなどを見てわかってはいたつもりでしたが
どこをいつ走るのかなんてことにまで全然頭がまわっていなかった私

日仏学院の授業をうけるべく、市ヶ谷駅を降りてみたら
あれ?

あれ??この人ごみ・・・

そっか、東京マラソンだ。コースだったのね、ここ。
IMG_2665.jpg

うわー、すごい、本当に走ってるよ(あまりに低レベルな感想・・・)

コースの合間にはスペシャルドリンクもおかれ
ボランティアさん奮闘中

ボランティアさん大活躍

こんなん、なかなか間近で見られないもんなあ、
得したなあ、と思ったのも束の間

ん?

日仏は道の向こう側。
あれ?道渡れないやん・・・。
どうすりゃいいのよ?
近くの護衛の警察の方にお聞きしたところ

「飯田橋までいらしてそこから地下鉄の地下道を通って渡ってください」

なんと!!

・・・当然授業は遅刻しました・・・

ちょっと~(怒)と一瞬むっとしましたが
まあ一年1回のお祭りに水をさすこともないか、
と気持ちを持ち直しました。

授業を終えた3時間後は何ごともなかったかのように
通りはいつもの様子に戻ってました。
すごい運営力だ。東京都庁おそるべし。

マラソンをするには今日の気候はよかったのか
暑過ぎたのか、マラソンに疎い私はわかりませんが
いやいやマラソン愛好者多いのね・・・。
そのことにひたすらびっくりした一日でありました。

今日のBGM
NEGAI~The Angel“I say Yes”~
Luv and Soul

どうやらLuv and Soul 再始動らしいんですけど
4人のメンバーでオリジナルメンバーは1人のみらしい。
それはそれで別にいいと思うんだけど
なら、別にわざわざLuv and Soulを名乗らないでもいいと思うんだけどなあ??
スポンサーサイト

テーマ : 今日のニュース - ジャンル : ニュース

台湾 朝食

本当かどうかは確認できないのですが、
母が現地の台湾の人から聞いた話では
台湾の人たちの外食率は相当高いんだそうで。
で、朝食は屋台で食べるのが常なんですって。

何度も申し上げるようで恐縮ですが
それが真実かどうかはわかりません。

が、どうあれ、屋台で朝食。
魅力的じゃないですか。
泊まったホテルも朝食付きではなかったので
朝は屋台街で食べてみることにしました。

ホテル近くの双城街にある屋台街まで出向いてみました。
屋台街、といってもさほど大きいわけではなく
屋台が一皮ならべにならんでいる程度ですけど
でもおかゆやら、麺やら小龍包やらいろいろ選べて
わくわく・・・。

お値段はまちまちですけど
メニュー

こんな感じ。200円もしないで食べられるってことですよ。
安い!
私は真ん中のお肉がどうした、という麺を選びました。

こんな感じで包んでくれます

オーダーすると、こんな感じで包んでくれます。
ホテルに持ち帰って食べるもよし、屋台街の横にある
テーブルで食べるもよし。

私はできたてを食べたくて、横のテーブルで食べてみました

麺

肉ナントカ麺の正体はこちら。
まぜて食します。
テンメンジャン味で青菜も利いていて、うまい!!
これで100円ちょっとなんて、お得すぎ。

いやいや満足満足~♪な朝食でした。
台湾においては朝食付きではなく、朝食ナシのプランで
こういう朝食を食べるのが楽しいしおいしいし、お得、
な気がします。

今日のBGM
With you
岡本真夜

静かに愛を語る、ということなんでしょうけど
メロディーがちょっと単調すぎるかな・・

テーマ : 台湾 - ジャンル : 海外情報

台湾 食べ歩き 欣葉

台湾ネタをアップしますよ、といっておきながら
歌舞伎やボヴァリー夫人のネタでお茶を濁したここ数日。

気を取り直して(?)台湾ネタ再開です。
ホテルに着いたのは夜8時ごろ。
台北に着いたらおいしいものを食べたい!という
一心で、飛行機の機内食もできるだけ食べずに
おなかをすかせ、飛び込んだのがこの欣葉kinyou.jpg

台北で知らない人はいない有名店。
支店もあちこちあるようですが私のいったのは
鷗華ホテルからすぐの、本店です。

ここは、母が台北旅行をした際に、
現地の台北の人に連れて行ってもらったんだそうで
その際「すんごくおいしかった」そうで「また行きたい」
という母の熱烈リクエストにより、出向いたお店になります。
(今回は母と2人旅だったのさ)

まずはビールで乾杯。
落ちついたところで紹興酒に移行したのですが
それはとるのを忘れました。
台湾ビールで乾杯!

ちなみにこちらのお店は紹興酒、というと小さなサイズは
なくいきなし大きなボトルできてしまうんです。
でも心配ご無用。飲みきれないものはちゃんともちかえらせて
もらえますよ。

で、本題のおかず。
まずはなにはなくとも頼まなくちゃいけないしじみのしょうゆ漬け 180元
しじみの醤油づけにんにく風味

にんにくが利いていて、かーっ、うまい!
興奮して夢中でむしゃぶりついてしまいましたですよ。

空心菜の炒め物

空心菜の炒め物。180元
しゃきしゃきでおいしい

花枝丸

いかの揚げ団子。300元
本来は屋台で売られているもののようですが、
ここはお上品な味付け。
あっつあつをハフハフいいながら食します。

牡蠣のスープ

牡蠣のスープ これも180元くらいだったかな・・・。
あっさりとした塩味でこれまたGOOD

エビのこしょう炒め

エビのこしょう炒め 320元
ぱりぱりしていてうんまい

ということで、ビールやら何やらを頼んでも一人4000円強。
すんばらしい!

お店も綺麗だし、サービスもいいし、ほんということなし。
台北にいらしたらぜひ行くべし!のお店です。

今日のBGM
24/7(DJ KAORI{Big Dawg}Remix)
Luv and Soul

24/7って、24時間7日いつでも、って言う意味ですよね。
この歌はそれくらいいつでも愛してます、ってことなんですけど。
うーん、そりゃま、そうなんですけど
そうそうひとつのことばかりずっと考え続けるってことは
できないですよね。
いざというとき、にどれくらい相手を思いやれるか、が
愛の強さなんじゃないかと思う今日この頃です。

ボヴァリー夫人

読書必勝法で紹介されていたボヴァリー夫人。
これは一度読んでみるべし、とさっそく図書館で借りてみました。

私はフランス文学科卒のくせして
フランス文学アレルギー。
フランス文学といえば、小難しくて気取っていて
手に取るにはあまりにハードルが高い、気がしていて
今までほとんど日本語であれ、フランス語であれ
読むことはありませんでした。

しかし清水義範氏著作の読書必勝法の紹介文で
ボヴァリー夫人については案外下世話な小説のように思われ
しかし下世話なテーマの割には、描写は繊細にて美しい表現の
連続のようで・・・。

文章表現の美しさと、ストーリーのしょうもなさ
そのアンバランスさを味わいたく、長年踏み込むことのなかった
フランス文学の世界に足を踏み入れたのでありました。

一言で表現しちゃうと、それなりの美貌で男を魅了できる
ボヴァリー夫人が、平凡な生活に行き詰まりを感じ
退廃的な不倫と身の丈を超えた浪費に身を投じ
最後は、自殺まで追い込まれるそんな物語。
そんな中、ボヴァリー夫は夫人を最後まで愛し、夫人の
裏切りを死後知ってショックのあまりに病死するわけですが
夫の死は最後の数ページにまとめて語られるだけなのも
またなんとも哀れというかなんというか。

いやいや読んでみて、その主人公の生き様の軽さに唖然。
一般庶民であってもそこそこ豊かな生活ができ、かつ
あらゆる可能性を自らの責任のもとまっとうできる近現代の
女性には想像しがたい、めぐりあう人(≒男性)によって
自分の人生が決まってしまうそんな妄想は、ただただ
おろかにしか見えないわけですが、その当時の女性は
結構身につまされる話であったのかもわかりません。

で、私がこの作品を読んで得た結論は
美貌を持つということは必ずしも得とは限らない。

私がこの作品を読んで感じたのはこの一言に尽きるかな。
美人は得である、というのは誰しもが否定しない価値観だと
思うんだけど、もしボヴァリー夫人が、本人は不倫願望に
みちみちあふれていたとしても、さほど目だつ容姿でもなく
地味な女だったら、こんなことにはなってなかったと思うのよね。
下手にきれいなばっかりに、ろくでもない男にひっかかった、とも
いえるんじゃないかと思うわけです。

そういう意味では、ぱっと目立つ美人に生まれなかった世の中の
大半の女性は、ある意味ラッキーといえるかもわからない。
自分の意思であらゆることをコントロールできる可能性も高い
ってことだから。

この作品の感想として間違った感想かもしれないですけど
それが私のボヴァリー夫人に対して抱いた感想です。

今日のBGM
ChaNge the WoRLd
Michi

声質がなんだか竹内まりあさんに似てますね~。
今流行の「カラオケでは上手かもわからないが、
個性なし」のヒットメーカーと一味違う作品です。
ただ・・・ちょっと軽すぎるかなあ。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

2月花形歌舞伎第一部 於染久松色読販

ここのところ仕事で大きなトラブルが続き
家に帰ってもグロッキーで何もする気がおきず
ブログもお休みしてしまいました。

本当はこんなときほどブログを書いて、気分転換するのが
いいんでしょうけど、理屈はわかれど身体はついていかず・・・。

ということで元々予定していなければ今日はきっと家で
ゴロゴロしていたんでしょうけど、歌舞伎の予定が入っていたので
テアトル銀座(昔のセゾン劇場)で歌舞伎にいってきました。
亀治郎主演なり。

歌舞伎において一人〇役、はまあさほど珍しい趣向ではありませんが
このお芝居はまるでマジックのような早がわりがあいまあいまに
コミカルなお芝居の合間にはさまれて、退屈するひまなし、です。
亀治郎さんもさすがな演技。

・・・なのですが。
やはり、劇場が小さすぎ。花道があまりに短すぎるので、舞台退出のときも
なんだか余韻がない。
うーん、やっぱり、歌舞伎座、せめて新橋演舞場で見たかったなあ・・。
また主演級以外の役者さんの演技はやや大雑把すぎる気もしました。

あと歌舞伎って合間の幕間にお弁当を食べたり、お菓子やらなにやら
買い込む楽しさがたまらんのですが(私は歌舞伎座のたい焼きが好みなのだ)
そもそも飲食禁止なのでそれもかなわず。
ま、もっともそのせいで食後の眠気に襲われることもなかったですけどね。

まあ、新橋演舞場だって歌舞伎ばかり上演してるわけじゃなし、
歌舞伎座が立て直されるまでは多少の不自由はしかたなしなのかなあ。
どういう建物ができあがるかはわかりませんけど、とにかく
広い舞台、長い花道で常に歌舞伎が堪能できる環境が待たれます。

今日のBGM
Do You Belive in Love?
Huey Lewis and The News

いやーな気持ちになっているときは
とにかくHUEYさんの音楽でいやされるのが一番。
楽しく前向きな一曲でまずは気持ちの建て直し、です。

テーマ : 歌舞伎 - ジャンル : 学問・文化・芸術

台湾トリップ はじまりはじまり~鷗華ホテル

台湾#40407;華ホテル

い、いったいどこのラ○ホテル?(にしてはベットはツイン?)
という写真ですが、こちら台湾の鷗華ホテル。
台北の圓山駅から徒歩10分くらいのところ。
桃園空港より、松山空港のほうが近いかな。
台北の花博会場のすぐ近くです(・・・といってすぐわかる方は
相当の台北通)

台北リピーターにはそれなりの高評価のこのホテルで台北グルメを
満喫いたしましたので
ぼちぼち紹介してまいります。

今日のBGM
切ない愛の歌(SOULS MEET SOULS Mix)
LUV and SOUL

切ない、といいながら、それなりに
きれいめにまとめちゃってるバラード

Happy Valentine's Day!

今日はバレンタインデー!
以前は女性率がすごく高い職場だったので、バレンタインだからと、
そうそう出費しないですんだんですが、最近はそれなりにばらまく
相手も増えまして、それなりに出費が必要になってきた今日この頃でございます。

とはいえ、ですね。
この機にいろいろチョコレートを物色するのも楽しかったりもします。
まああまりに混み混みで物色もママナラヌ状態なのもこれまた困るので
混雑せず、そこそこものを選べて、楽しいってのが私にとっての
ベストバレンタインショッピング(←これは英語として成り立っているのか、
はなはだ疑問ですが、カタカナで書いてるんで許してね)I

さて、2011のバレンタインはその理想にほぼほぼ近い買い物が
出来た年でございました。
今年買いあさったのはかの有名なDean&Deluca

有名、ではあるのですが、バレンタインのために出向くとこか
っていうとこれはちょっと疑問な場所ですね。
隣のピエールエルメとかは黒山の人だかりだったのに対し
こちらは小山くらいの人だかり。
でもね、結構いろんな種類のチョコはありましたし
何より値段も抑え目でよろしゅうございましたよ

買ったのは

バレンタイン1

サーカスシリーズ。
中はチョコレートチップクッキーが入っている模様
(人にあげたから中は見てないのだ)
なんだか陽気で楽しげで、そのくせ量はかさむじゃないですか。
さあみんなで召し上がれ!的な配り物に向いています。
ひとつ1000円

バレンタイン2

さらにチョコキャラメル
1箱700円

軽くてかさばらないので
モテモテ(死語)男子も持ち帰りに不自由しません。
今日なんて雪だったもの。大荷物は迷惑よね??

ということで、相手が喜んだかどうかはさておき??
私自身は結構楽しめたバレンタインデー、なのでした。

今日のBGM
Freedom
Wham!

いまやややお騒がせな人になっているジョージマイケル君
ですが、Wham時代の楽曲を聴いてると彼の才能を
感じずにはいられません。
アイドルでPOP、だけど結構綺麗なメロディーライン。
こんな曲作ろうったってなかなか作れませんぜ。
才能を無駄遣いせず、スキャンダルではないお騒がせを
せつに願うものであります。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

マイセン磁器の300年

陶器 に関するワードを聴くとどうもくらっときてしまうのは
性分か。

ウエッジウッド、コペンハーゲン、ミントン、ジノリ・・・
日本のウエタケとかも結構好き。
もっとも好みなのはウエッジウッドだったりするわけですが。

で、マイセンです。

正直申し上げて、陶器好き、なのだけど、どーーーしても
食指が動かないのがマイセン、なのです。

いや、白磁のやつはいいにしても、柄物になると、
どうしても・・・。
いったいこれはいかなることか。

でもまあ300年、しかもあたりはずれがあまりない
サントリー美術館での展示物、いって損はあるまい、ってことで
六本木まで行ってきました。

で、結論です。
やっぱり私はマイセンは好みじゃない。

で、その理由がわかりました。
中国陶器のテイストを取り入れるところから始めているから
なんだな。

誤解をされると嫌なのでいっておきますが、私純然たる中国陶器は好きなのですよ。
激しい色使いであっても、中途半端でなく、でも実はきちんとバランスを考えられている
と思うのですよ、中国陶器って。

でもね、そのテイストを取り入れる西洋陶器、となると、なんかそのバランスが
崩れちゃってその毒々しさが妙に目立っちゃう気がするんですね。

そういうのが好きなのだ、という方もいらっしゃろう。
で、そういう方が一定数いらっしゃるからマイセンは伝統を積み重ねてきたのであろう
と思います。
その伝統の重みは展覧会でもよーく伝わってきましたが
好みか、といわれれば。

展覧会の中で唯一、おおっ、と思ったのは
アールヌーボー時代の陶器。
これはかっこいい。大胆だけど仰々しくない。
このかっこよさは他の陶器会社では出せまい、と思いました。

展覧会で自分の好みだけ書き連ねて終るのもどうかと思いますので
展覧会として、どうだったか、を書いておきますと
ちゃんとマイセンの歴史をかいつまんで、でもきちんとポイントをおさえて
順序良く語られており、私のようなマイセン音痴の女でもどういう変遷を経て
今のマイセンがあるのか、はよくわかりました。
さすがサントリー。

今日のBG
Heart and Soul
Huey Lewis and The News

何度聴いても色あせることのないかっこよさ、であります

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

日仏学院レバーパテサンド

以前も書いたように私はレバーパテのバゲットサンドが大好き!

日本の普通のパン屋さんではなかなかお目にかかれないのですが
日仏学院の売店にはこんなのが売ってるのよ

日仏レバーパテサンド

バゲットのパリッとした感触と
レバーペーストの香り、そしてまたピクルスとの相性がなんとも◎

日仏学院の帰り、急ぎのランチのときなどによく購入しています。
日仏といえば、日仏横のビストロや、その近くのカナルカフェとかのほうが
有名ですが、売店のサンドイッチもあなどれじ、ですよ
(サンドイッチの割には、そして学校併設の売店にしては高いけどね。
でも味は保障します)

今日のBGM
Buzz Buzz Buzz
Huey Lewis and The News

日本語訳するとブンブンブン、そう
蜂の羽音ですね。
なんともかわいらしい一曲です。

テーマ : パン - ジャンル : グルメ

太郎を眠らせ、
太郎の屋根に雪ふりつむ。
次郎を眠らせ、
次郎の屋根に雪ふりつむ

中学のときに習った三好達治氏の詩。

おそらく彼が書いた雪は、東京のやわな雪なんかじゃなかったと
思うんだけど、でも雪が降るとこの詩がなんだか思い浮かびます。

何も予定のない休日、家の中からぼんやり雪がしんしんと
降る様子を眺めるのも結構いいもの。
雪が降ると外が静かになるのもまた素敵。

こういう静かで平和な休日もいいものです。

今日のBGM
ドボルザーク チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
NHK交響楽団
堤剛

私の勝手なイメージではこの曲、今日のようなしんしんと雪が
降るような冬ではなく、スコールがしなりつき、その後
日がさんさんと降り注ぐ夏、のイメージ。
ただいつどういうシチュエーションで聞くにせよ
ソロの部分もオケの部分も両方うっとり楽しめる
名曲中の名曲、だと思います。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

脇役の渋さ

脇役、というと、アカデミー賞風に言うと
助演男優賞・女優賞的なことを思い浮かべたりしそうですが
私の言っているのはそういうのじゃなくて。

本当にとあるドラマの、キーパーソン、ではあるんだけど
どこぞのだれそれ、見たいな名前があるような俳優さんじゃ
ない人、をこのケースでは思い浮かべています。

たいてい、そういう人たちの演技って、さほど記憶に
残らないケースが多いのですが、
私の中で大層記憶に残っているケースが2つありまして。
いずれもテレビドラマです。

1つは古畑任三郎で、鹿賀丈史に殺されちゃう私立探偵の人。
実にうまいんですよ~。
何をいってもこの人には通用しない、と犯人があせる
(追い詰められるまではいかない)しぶとさを実に
ほんの短時間でうまく表現しちゃっているんですね。
これは必見。

もう一人は救急病棟で、松嶋奈々子を訴える
祖父役をやっている俳優さん。
これは話そのものは、ややできすぎというか・・・
相当乱暴な筋なんですね。

孫が2時間救急車にたらいまわしにされたあげく
受け入れられた病院で死亡。
そこの担当医だった松嶋を訴えていたのだが
ユースケサンタマリアの救急病棟の惨状を聞いて
訴訟を取り下げる、という
ストーリー自体は
そんな簡単にことが運ぶか?おいっと
突っ込みどころ満載なものなのですが、
その乱暴な組み立てを崩さずに、
でもその筋の乱暴さを一瞬忘れさせちゃう
迫真の演技、が展開されているのだ。

いずれも40分のドラマ枠で登場シーンは5分たらず。
でも(どういうストーリーであれ)そのドラマの核を
作る重要な役どころ、だったりするわけです。

実はこういう人たちをいぶし銀の演技、って言うんじゃなかろうか。
こういう俳優さんを制作陣はどう抑えてきているのかなあ・・・

考えてもせんないことを、ちょっと考えてみたりした、深夜の一瞬、なのでした

今日のBGM
Do you Believe in Love?
Huey Lewis and The News

今日はHUEYさんたち極寒のNYでライブのはずです。
この曲ははたして演奏されるのか?
もともとの原曲バージョンなのか
それとも最近よくやられるアレンジバージョンなのか・・・
ああ、幻想が膨らむ・・・

テーマ : その他 - ジャンル : その他

トマトベーコンピリカラ鍋

冬といえば鍋。
簡単にできるし、いろんなものをバランスよくとれるし
手抜き料理人にとっては、ありがたい一品です。
中国とかにも鍋はあるけど、日本ほど一般的な料理として
浸透していないような・・・。
ああ日本人にうまれてよかった。

鍋も以前はしゃぶしゃぶや、すき焼き、水炊き、うどんすき
と定番レパートリーが普通でしたけど
最近はいろいろレパートリーが増えましたね。

ちなみに。
我が実家では「豚とキャベツの鍋」
が冬の定番鍋に位置づいていました。
文字通り、豚(ロース薄切り)とキャベツ
にこんにゃく「のみ」の鍋なのだ。
これをしょうが醤油で食べると実に絶品!
翌日は残り汁をラーメンにして食べると
さらにおいしさアップ!

・・って本題からずれました。

今日作成したのはトマト・ベーコンピリカラ鍋です。

適当を絵に描いたような鍋ざますよ。

トマトとベーコンのピリカラ鍋

ベーコンとたまねぎ・にんにくを炒め
香りがでたところで、トマトの水煮を1缶加え
じゃがいも投入。
煮込んでじゃがいもが柔らかくなったところで
ほうれん草を投入。最後に豆板醤を入れて出来上がり

辛いのニガテな方は豆板醤投入を控えていただければ。

自分的には洋風鍋のつもりですが、
トマト+豆板醤はやや中華な感じも。
ベーコンを豚肉に変えてごま油でも投入すれば
ザ中華な鍋、になるかもわかりません。

今日のBGM
野ばら
シューベルト

なぜだか、メロディーは頭に入っちゃっているのよね。
誰に習ったわけでもないんだけど。
さすが天才、シューベルト、であります。

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

柿とキャベツのサラダ

柿とキャベツのサラダ

柿をたくさんもらいました。
でもね、私柿ってそんなには食べないのよね・・・。
ややあまりがちで、どうしたもんかと思ったら

柿とキャベツのゴマドレッシング和え

私は元レシピ+ハムを加えて作ってみました。
結構ちゃんとおかずになるのね、というのがよくわかりました。

変化球の一品に。

ということでi-mamaさんありがとうございました

今日のBGM
元気をだして
竹内まりあ

なんだかんだいって家でしっかり食事をするのって
元気を出すためにも大事。
一品でもなんか作りたいものです。
疲れてかなわないこともあるけどさ・・・。

ピーマンとベーコンの炒め物

ピーマンとベーコンの炒め物

シンプルこのうえないレシピ。
ピーマンとベーコンの炒め物。
思いつきそで、案外思いつかない組み合わせ。

詳細はこちら↓



今日のBGM
本気でオンリーユー(Let's get married)
竹内まりあ

結婚式でBGMにも使われるし
友達同士の歌にも使われるし
スタンダードミュージックになりつつありますね。
とにかく彼女の曲については
山下達郎氏の愛情にみちみちあふれた
プロデュースがすごいよなあ、と思います。

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

ベーコンチーズトースト

ベーコンチーズトースト

これを料理といっていいのやら、ですが
普通のチーズトーストの上にベーコンをおいてみました。

チーズオンリーよりおかずな感じです。

今日のBGM
星空を見上げて
Luv and Soul

曲は夜、な感じだけど
このレシピは朝食な感じかな

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

読書必勝法

読書必勝法

久々の本ネタです。
清水義範氏と西原理恵子さんのタッグで
文学名作品を分析している本です。
私は清水氏の本、本当に大好きなんだけど
彼の本をさらに面白く深くしてくれるのが西原さんの漫画なのであります。

正直いいますと西原理恵子さん単独のマンガは
私時についていけないこともあるんですね。
でも清水氏とのタッグのマンガは本当にひきこまれます。
笑えるけど深い、本当に奥の深いコメディエンヌ精神とは
こういうことだよな、と実感させられます。

清水氏もいつもながら簡便でユーモラスな筆致で文学作品を
分析していきます。
平易な文体にだまされそうになりますが、けっこう深いことを
語っていたりします。
漱石のぼっちゃんはぼっちゃんが漱石ではなく、赤シャツこそが
漱石なのだ、とかロビンソンクルーソーは経済小説である、
だとか。

ただ後半にいくにつれ、取り上げる作品が難解になり、作品の
難解度につれて、清水氏の解説も平易とはいいがたくなるのは
ちょっと惜しいというか、なんというか・・・。
しょうがないのかな。

この本を読んで、今まで敬遠していたボバリー夫人や
こどものころに読んだロビンソンクルーソーもちゃんと原作で読んで
みようかな、という気になりました。
ジョイスまでは食指はのびそうもないけど・・・。
純文学嫌いの私を、活字だけでそんな気持ちにさせちゃうってすごいよな。
この2人の底力、あなどれじ、です。

今日のBGM
Someday
Mariah Carey

この曲が出たばかりの頃は衝撃でしたよね。
その音域、ルックス、あまりに出来すぎた
サクセスストーリー・・・。

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

ザーサイとキャベツの炒め物

(いつもだけど)超簡単料理。
キャベツを鶏がらスープのもとといためてザーサイ、お酒を入れて
塩コショウで味調えて出来上がり

ザーサイとキャベツの炒め物

分量など詳細はこちら

今日のBGM
Monday Monday
Mamas & Papas

今日は月曜日でもないし
この歌のようにのんびりした感じの1日でもなかったし
歌の雰囲気的には夏だけど今は冬だし
・・・とまるでこの曲をここにもってくる
理由がみあたらないのですが、ま、いいってことで

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

桜海老とセロリの焼きそば

べったべたなソース焼きそばもいいけど
しょうゆ味の焼きそばも結構いいものです。
それも、お店で食べるような本格派でなくて
家庭で食べるちょっとしょぼさがにじみ出るような焼きそば
が、結構ぐっときます

セロリと桜海老の焼きそば

ご紹介の焼きそばもまさにそんな感じ。
桜海老とセロリと万能ねぎ、おしょうゆ味で仕上げています。
ばくばくいけちゃう味ですよ~

レシピはこちら

今日のBGM
Firework
Katy Perry

ばりばり今の曲なんですけど
なんか、80年代っぽい香りがしてる気が
しちゃうんだけど・・・。

アスパラのゆで卵マヨネーズづけ

アスパラ&ゆで卵

これを料理といっていいものか。
アスパラをゆでて、マヨネーズ・・・につけるだけだと
面白くないのでマヨネーズにゆで卵をいれて
それでディップしてみた。

ただのマヨネーズにつけるより
ちょっとおかず風になってよかったです。

これ、おそらくどなたかのレシピを参考にしたと思うんですけど
どなたのものだったか今さら検索できず・・・。
ただこれアスパラ、だけでなく、にんじん、だとかいろんな
ものに応用が効くのではないかと思います。

今日のBGM
あなただけ見つめてる
大黒摩季

サウンドといい歌詞といい
なんだか息がつまるというかなんというか・・・

テーマ : レシピ - ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。