ガンジー の トマトチーズカレー

ソーシャルネットワークは新宿ピカデリーで見ました。
その前にお昼を食べなければ、とよったのが
このガンジー

ガンジー

前からここを通るたびに、おいしそうだよなあ、と思っていたのですが
この機にGO!

中はカレー屋らしからぬ、シックなたたずまい。
70年代の音楽がしぶーくかかっていたりなんかして
結構おしゃれ。
その外観からはケーキセットなんかもありそな
雰囲気ですが、メニューはあくまでカレーのみ。

私が頼んだはトマトとチーズのカレー。
私、カレーには絶対!トマトは必須なのです。
これを入れる入れないではぜんぜんカレーのおいしさが
違うんだよなあ。
で、カレーにチーズも最近はまっている組み合わせのひとつ。
はまっているものが2つもそろっているなんて、試さずには
いられないじゃないですか。

トマトとチーズのカレー

こんな感じででてきます。
チーズは中に溶け込んでる感じですが、トマトは
丸ごとがっつり入っている感じ。
丸ごと食べるもよし、つぶして食べるもよしですが
私はちょっとつぶして全体にトマトの酸味を広げて
食べてみました。

お味は・・・
日本でごく普通にたべている甘口のカレーに比べると
口の中にじんじんと辛味が残る辛口のカレーです。
私は辛いもの好きなので、普通の店の普通のカレーだと
物足りないくらいなので、ここくらいの辛味だと
ちょうどいい具合に感じますが、さほど辛いもの好きでは
ない人にはとてつもなく辛く感じるかもね。
辛いのニガテな人は、ここのカレーは食べるべからずです。

トマトとチーズのカレーは950円なり。
トマトもチーズも入っていないビーフカレーなどはさらに
辛いのかも。
辛いもの好きな方は試してみるとよい本格カレーでございました。

今日のBGM
遠くへ行きたい
Chage
アレンジで個性を出す、はもちろん
ありなんですけど、いくらなんでもこの
アレンジは無理があり、というか、アレンジの
効果をイマイチ私には感じられないです。







スポンサーサイト

テーマ : お店紹介 - ジャンル : グルメ

ソーシャルネットワーク

公開前からずっと見たい!と思っていたこの映画。
やっと見てきました。

なんとも不思議な感覚に襲われる映画でした。
すごい出来の映画なんだけど、感想は?と問われると
困ってしまうのだ。

私が見た映画館は若者で満杯で、見終わった後
「なんか考えさせられちゃった」なんて頭が軽そうな(失礼な
表現ですみませんが)カップルがあちこちで語り合ってましたけど
意地悪な私は「ほぉ、何を考えたんだか、ほれ、言ってみい?何を
考えたんだい?」とつっこみたくなってしまいました。

「考えさせられる」なんて、まあ、そりゃ、ずいぶん
自分を買いかぶってるってもんです。この映画をみて
我を振り返って考えることができるのは、
孫正義、スティーブジョブス、五嶋みどり などなど、
そらおそろしい才覚があり、それゆえ、ちょっと尋常の人とは
違う孤独を抱えなければならない、そんな、ごくごく少数の人だけでしょう。

というのも、この映画、よくある、
大富豪になったとたんに、孤独になる、とか、小さなあたたかな
幸せがすり抜けていった、とかそんな単純な話じゃないんですよね。
とにかく今までのサクセスものと違うのは
そもそもスタート地点で普通だったらそこそこ満足するような
優秀なエリートなわけですよ。
ただ、エリートの中にあっては優秀さのわりには目立ってないし、
友達も少ないし、女の子にももてないってそれだけ。

名声を手に入れたところで、
ちょっと注目されたり女の子にちやちやされたりも
するけど、彼自身だからって浮かれたりはしないんですよ。
以前と同じように無神経だし、同じように勝手で
同じように人に心を開かないもんだから、
特に友人が増える風もなく女の人にももててる風もなく
成功前も成功後もなんだか孤独。

つまり、冨を得たところで彼自身そうそう変わってないんですよ。
よくも悪くも。
それは、彼の類まれなる才能と、普通ではありえない
不器用さゆえ、なのですね。
凡人はその凡人からは想像できない、一人の天才が瞬く間に
一大事業を作り上げるそのプロセスに息をのんで、それで
終るしかないんでは、と思います。

ということで、変な道徳観をもりこまず、この類まれなプロセスを
そのスピード感にこだわって作りこんだ制作陣にただただ拍手の映画です。

今日のBGM
愛のテーマ
毛皮のマリーズ

こっぱずかしい歌詞を若造が堂々と
歌い上げてるとどうも気恥ずかしい今日この頃ですが
これくらいひねた感じで歌ってくれれば、ま・・いっか、
と思えてしまったりもしますかね。
これまた好きな世界ではないけどね。

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

たつみ亭 ハンバーグ

西新井に落語を聞きにいったときお昼を食べに、ホールの目の前に
あったたつみ亭に行きました。

たつみ亭

ハンバーグやステーキで有名なお店です。
TVなんかでも時々紹介されているらしい。
11時半から開店で11時半にお店に入ったんだけど
もう満杯の人気店です。

私が頼んだのはハンバーグ150グラム
コーヒーつきで1050円
焼き方を聞かれましたので私はミディアムレアに
してみました(ハンバーグで焼き方を聞かれたのって
これがはじめて)

たつみ ハンバーグ

味はシンプルにバターと塩だけ。
食感はふわっ、じゅっ、という感じ。
食べ慣れた「日本の洋食ハンバーグ」とは
一味違います。
絶賛する人がいるのもわかるお味。

・・・ってこういうこと書くとね、
なんかものすごいものを想像する人もいるみたいで
食べログとかみると「評判ほどのことはない」みたいな
コメントもちらほらあるみたいです。

考えてもみてくださいよ。
ハンバーグ、だよ?ハンバーグにしては高級、かも
わからないけど1000円だよ。
「今まで味わったことのない恍惚感、これは
いったい・・・」という、おいしんぼ的な感激を
期待してる場合はそれはちょっと違うんじゃないかと。
お店の方もお店の方なりの良心で普通においしいものを
おいしく提供したい、と思ってやり続け
それが地元で評判になって、ときにメディアでも紹介
されるようになった・・とそういうお店ではないかと思います。
お近くにいらっしゃることがあればどうぞ。

今日のBGM
Cypress Hill
Dr Greenthumb

これも、ラップ?なのかなあ。
なんとも不思議な一曲。

テーマ : お店紹介 - ジャンル : グルメ

日本学生科学賞

今時のこども達の理数離れはもうあちこちでささやかれている
ことですが、そんな中でも優秀な原石は日本のあちこちに存在しているんだ
と思わせてくれるのが、日本学生科学賞です。

まあちょっとHPをみてみてくださいよ。

テスラコイルの製作と無線送電
有孔虫による堆積古環境の推定
クロサワツブミズムシの研究



いったい何を研究しているのか、まったく科学的でない私のような
大人には理解できない、高度な研究が目白押しです。

理科部とか科学部といったクラブ単位で応募してくるのは
なんとなくイメージできるんですけど、中学・高校の部とも
個人でこういった難解な研究に取り組んで応募している
例が結構多いのです。
論文を仕上げるのだってびっくりですが
そもそも研究課題を何にするのかを考えるだけだって
大変なはず。
そして、このコンクールに応募することはおそらく
マスト、ではなかったはずで、自らの意思で
研究に取り組んでいるそのモチベーションの偉大さにも
頭が下がります。

理科離れ、が進んでいるなかで、ここまですごい論文を
しあげてくる中高生がたくさんいる。
いったいこの差はなんなのだ。

応募の生徒達の学校についてもいわゆる誰もが知ってる
名門校ばかりでもありません。
市井の公立の学校もかなりの数を占めています。
いわゆるエリートとはみなされていない子供たちの中に
ものすごい可能性をひめたこども達がいるということですね。

理科離れ、が進んでいる今だからこそ
応募作品のすばらしさをたたえるだけでなく
こうした作品を応募するに至ったプロセスもぜひ
蓄積し、次の世代にいかせるようにしてほしい。

この賞の受賞作品の紹介を読んでつくづく思い至った次第です。

今日のBGM
Foot of The Mountain
A-ha

いつの間にやら結成25年もたっていて
いつの間にやらこのアルバムで最後になっていた
彼ら。
デビュー当初はアイドル扱いだったけど
実は骨のあるちゃんとした楽曲を作っていたんじゃん、
というのがこの曲を聴いてるとわかります。

テーマ : 教育問題について考える - ジャンル : 学校・教育

トマトとキウイのマリネ

キウイシリーズ第二弾。
トマトとキウイのマリネです

トマトとキウイのマリネ

え?トマトとキウイ?と思われるかもですが
結構あいます。

参照レシピはこちら

オリジナルは、にんにくが入ってますが私はぬかしました。
そっちのほうが合う気がしましたが、好き好き、かもね。

今日のBGM
SHAKE
SMAP

やっぱこの頃の彼らは勢いあったよな、
と思いますよね。曲のよしあしとはまた違う
話、だけどさ。

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

全盲の方の転落死事故

ここ数日、誰かふつうを教えてくれについて書いたレビューのアクセスが
一定数あって、なんでかな?と思っていたら今日、東京新聞の社説を
読んでその理由が判明。

目白駅で全盲の方がホームから転落してお亡くなりなった事故があった
から、なんですね。
そのニュースを見落としていた自身の意識の低さにちょっと愕然としましたけど。

で、こういうことを社説にとりあげる、東京新聞の見識の高さに敬意を表したく
思いますし、社説の記者が言うようにこのような事故は二度とおこしては
ならない、のですが。

死の犠牲が出たことを問題視するんではちょっと視点がずれている、というか
深さが足りないという気がするのです。
そして、実際自分が目をつむって歩いてみたらいかに恐ろしい思いをしたか、
なんていう記述だけでも足りない気がするのです。

誰かふつうを教えてくれによれば、こういった「死とすれすれの事故」を
視覚障害をお持ちの方は皆経験済み、なんですよね。
ホームに落ちたら誰かが助けなければホームに戻れないわけで、
何人もの駅員さんがこういった人々を助け起こした経験をお持ちのはず。
あちこちの駅で一定の頻度でそういう、事故がおこっていたにも
関わらず10年以上もそのリスクについて議論されることがなく
また、視覚障害をお持ちの方に日々の恐ろしい思いについて生の声を聞くことも
なく終ってしまっていることに目を向けなければならないのではないでしょうか?

視覚障害の団体が、声をあげたのは、死亡事故が起こったから声をあげたのではなく
ここで声をあげなければまた、きっとこの危険は闇に葬り去られる、という
危機意識をもったからではなかったのか、と思います。

柵を設けるなどの対策ももちろん必要ですが、一件の死亡事故の影に隠れている
数千件の「すれすれ」事故を、最悪の事態が起こる前にいかに察知させるか
も一緒に検討してほしい。
記事を読んでつくづく感じ入った次第です。

今日のBGM
But It's All Right(LIVE)
Huey Lewis and The News

しょっぱなの勢いのよいホーンで、観客も一気に盛り上がり
まくり!ライブはいよいよ佳境。という様子が
手に取るようにわかります。
ああ、あの感激よ、もう一度・・・・

テーマ : ちょっと気になる事 - ジャンル : その他

容疑者Xの献身

何を今さら(映画の話題については私はこればっかり・・)ですが
やっとみました。
いまや龍馬のイメージがすっかり強い、福山雅治の当たり役の映画ですね。

友人がこれをみた際に、最後のほうの堤真一の演技に相当物申していたんですが
見てわかりましたね。ああなるほど、こういうことか、と。

私はさほど映画通ではないので、映画としての出来不出来を
正しく評価できる自信はないです。
ただ最後といい、ヒロインの描き方といい、なんというか・・・
もうちょっと余情を出すやり方はなかったもんかいな、と思いました。
ストーリーが相当優秀なので、映画としてもそれなりに迫力のある
作品に仕上がっているけど、ストーリーの優秀さをさらに上回る
何かがほしいな、と映画素人の私は思ってしまいました。

映画にするなら、本来は容疑者、つまり堤真一が主役で
堤が中心で描くべきではなかったか。
いやいやあくまでミステリーとしてのロジックを中心に
描きたかったんです、ということであれば、ロジックを
いかに組み立て、いかにそれを実行していったか、を
もっと丁寧に描くべきなんじゃ・・・。
あ、それでもきっと、容疑者が主体の映画になるか・・。

映画を作るにしても、興行収入は一定あげなければならない
わけで、それなら、あてたドラマの組み立てを崩さずにいかない
から容疑者中心の映画は作れるはずもなく。
となるとTVがらみの映画、の功罪をなんだか見たような気も
しないではなし。

それにしても堤真一はもっと、いかようにもいかせたんじゃなかろうか。
彼の演技にいろいろあれれ?と思うところもあったけど
これはどちらかといえば、演出の問題も大きいのではないか、
と思いました。
というのも最後の堤氏の号泣シーンも、あの演技を演出側は
よしとしたのですよね。これは違う、となれば、あんな
大仰な演技でOKにはしなかったはず。演出側が要求しなければ
あの演技プランはなしえない気がするんだよなあ。
私の考え過ぎかもしれないけど。

ということで以前、三谷幸喜氏が自身の脚本を複数の演出家に演出させて
いかに違うテイストのドラマになるか、わからせる実験を
深夜にしてましたけど、同じ脚本で違う監督がとったら
どうなるのか、見てみたい気にかられるなんとも不思議な味わいの
映画でございました。

今日のBGM
Heart and Soul(LIVE)
Huey Lewis and News

昔よか、ちょこっとだけ、軽いサウンドになっちゃっているかな。
前のちょっとだけハードなサウンドのほうが私は好きだけど
これはこれで、もちろんかっこいいです。

偉大な夫婦

過去大戦時、軍人としてアジアに出向き、前線に参加し、
終戦となり戻ってきた際、軍人恩給をずっと拒み続けた夫と
その夫の考えに賛同し、苦しいながらも笑顔の絶えない妻。
そんな夫婦を紹介する小さな記事がつい先日の毎日新聞に
載っていました。

夫が恩給をもらわないのは、
ひどいことをしてきたアジアの人々には何も補償がないのに自身
が金をもらうのは潔くない、から。

村の役場の人が何度も恩給をもらうように働きかけても
夫は恩給を拒み続けます。

小さな村の中にあって、その主張を貫き通すのは
言うは易く行うは難し。おそらく相当に大変であったと
思われますが、夫婦は常に明るく、2人の会話はまるで
夫婦漫才のようだった、のだそうです。

妻は記者にこう語ったそうです
「一度、生活も楽になるし、もらってもよいんじゃないの?と
夫に言ってみたことがあったが、夫は、これだけは譲れん、もう
2度とその話はしてくれるな、と土下座したんです。それ以来
その話は一度もしてません」

2人は最後までその主張を変えることなく
明るく笑いの絶えない暮らしを続け
妻がなくなった一年後、夫は亡くなったのだそうです。

やってる行動もすごいけど、
それを声高に言うでもなく、当たり前のこととして
たんたんと静かに、そして明るく生きている。
こんなすごい人がいたなんて。

なんとも言いがたい、静かな感動が広がった
そんな記事でした。

今日のBGM
What a Wonderful World
Louis Armstrong

この曲も、聴くたびに、じんとくるんだよなあ

空豆とキウイのマリネ

パプリカとキウイのサラダ

キウイというのは至極便利な果物で。
つぶしてドレッシングにしてセロリや大根にかけても
ちょっとしゃれた風をよそおえますし
もちろんキウイだけで食べても大変おいしい。

で、今回紹介するは
キウイ&パプリカ&空豆の組み合わせ。
原案は川島弘美さんのこちらのレシピ
原案はワインビネガーを使っていますが私はバルサミコを使ってみました。
味のニュアンスはちょっと違っちゃったかな?

パプリカとキウイってあうんですね~
また空豆もいい具合に効いてます。

ま、ばればれだと思いますがこれを作ったのはだいぶ前。
も少しあったかくなって空豆のおいしい季節になったら
また再トライしてみようと思います。

早く春にならないかなあ。

今日のBGM
小さな旅
大野雄二

TVの影響もたぶんにはありますが
この曲はあくまで日本にあいますね。
つい先ごろまで紹介していたフランスには
あわないなあ

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

Chez Vous

大泉学園のChez Vous に行ってきました。
ここは昔は石神井公園駅にあったんだけど
いつもいつも大繁盛!
石神井から大泉学園にお店を移してさらに店舗が
大きくなったのであります。

Chez Vous という名前からフランス料理を想像しちゃうけど
お料理はどちらかといえばイタリアン?

食べたものは
アンチョビのサラダ
アンチョビのサラダ

パテ
パテ
これは絶品!

エビの炒め物。ちょっとエスニックな味付け
エビの炒め物

香草焼き
香草焼き

肉料理
お肉

そしてここの代表料理、ボルチーニ茸のグラタン

ボルチーニ茸のグラタン

とろっとろ
とろっとろ

そしてデザートはパンナコッタ
パンナコッタ

ああ食った食った。

こういっちゃなんですが、練馬の片隅にあるお店とは思えないお料理の数々。
恵比寿辺りにあったらはやりそうですけど、でもコストはもっとあがっちゃうだろうからなあ。
住宅街で家族で気軽にでもおいしく気が利いたものが食べられる、大泉学園という立地は
あり、なのかもしれません。

今日のBGM
十五夜クライシス~君に逢いたい~
Hundred Percent Free

力強いサウンドっていえばそうなのかなあ

テーマ : お店紹介 - ジャンル : グルメ

ツナとレタスのパスタ

久々におうちでご飯ネタ

レタスとツナのパスタ

ツナとトマトのパスタは王道だがこれにレタスも入れてみた。
レタスってちょっと油断するとすぐ傷んじゃうから、なるたけ早く消費したい
のでございます。

作り方はいたってシンプル、ツナとトマトを炒め、パスタをからめ、最後にレタスを放り込んで
ちょっとだけくたっとしたところで、すぐお皿に。

・・・まあレタスがあったからどうってわけでもないんですが
目先は変わるかな。あと火を入れるとレタスは結構量いけちゃうのも
いい感じでした。

今日のBGM
Yesterday once more
Carpenters

言わずとしれた名曲。
なんかカレンの声を聴くと心がたおやかになる感じ。

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

フォンベト

フォンベト

新宿のフォンベトでランチを食べました。

食べたのは
生春巻

生春巻

ミニフォー
ミニフォー

そしてご飯&ETC
ご飯

さらにデザートもつきます。

・・・正直なんなのかはわからなかったけど
甘くてあたたかくてバニラの風味・・??
何かはわからなかったけど、おいしかったです

デザート

これだけついて1500円
私が食べたのは土日だったから
この値段だけど平日だとさらに安くて1200円。
これはかなりリーズナブル。味付けも本格的でした。

今日のBGM
いとしのエリー
サザンオールスターズ

お正月に不ぞろいの林檎が再放送されてましたね。
ついつい録画して今頃見てるんですけど
いやあ、この引き込まれ具合はなんだろう・・。
聴きなれたこの歌ですらなんだか違って聞こえるのは気のせいか。

女の履歴書 女優の運命

女の履歴書 女優の運命

昭和で大活躍した女優陣の自身の女優人生の振り返りです。
日経の名物コーナー私の履歴書からの抜粋です。

女優だから、女優ならでは、の振り返りももちろん
あるのですが、
女優、「女」であることをわざわざくくられていても
結局はやはり演じる俳優であること、
そして俳優であれ女優であれなんであれ、
働く人間なら誰しもが直面するさまざまな葛藤に
人気女優ですら、さらされている、ということに
驚きと安堵両方を感じてしまうそんな一冊になっています。

ここでとりあげられている各女優さんはみな歴史に名を残すような
名女優ばかりですが、
やはりここまでの名人どころになってくると
自身のことを冷静に見据え、
自身の年齢、経歴、性格に応じた自身の生き方を
葛藤しながらもきりひらき、まさに各人「らしさ」が光る
生き方をしていることに、驚かされます。
決して若さ「だけ」にしがみついていないのがなんとも
かっこよくていさぎよい。

考えさせられるけど、読んでてなんだかすがすがしい
そんな一冊です。

今日のBGM
Guessing Games
Lisa Loab

アコースティックギターと
彼女の甘くもクリアな歌声が
なんとも晴れやか。
日の光をあびながら朝に聴きたい一曲。

曽さんの店

さていつまで続くのか?といったフランスネタも一応一段落し
しばらくは普通に食べたものとか読んだ本とか粛々と紹介していこうと
思います。

ということで今日ご紹介するのは代々木の「曽さんの店」
餃子で有名なお店です。
曽さんの店

どういう餃子かというと

曽さんの店餃子

どーん。
でかい!

とにかくね、皮がぶ厚いの。
もちもちっとしてます。

皮厚い

普通の餃子より皮が厚い分、ボリューミー。
中国本土で食べる餃子に近いです。
さすが曽さん
(ってご本人存じ上げませんけど)

お店は代々木駅から歩いてすぐ。
代々木駅に用があることはあまりないかもですが
代々木駅は実は結構おいしい店の宝庫。
以前ご紹介した田んぼも代々木駅すぐ近くです。
またもうなくなったらしいけど、木久扇師匠の木久蔵ラーメンも
代々木にあったらしいし。
新宿などに用がある際、ちょっと立ち寄ってみるのもいいかもしれません

今日のBGM
Friends
Luv and Soul

歌詞にEXILEのATSUSHIが参加してます。
彼らと非常に仲がよいみたいですね。

Au revoir!France

別れのワイン

ちまちまちまちまフランスネタを紹介してほぼほぼ4ヵ月半。
さすがにフランスネタも終了です。

2週間の滞在って学生以来の長期滞在。
結構退屈しちゃったりして、なんて思ったのですが
いやいややはり旅ってのは人を刺激しますよね。
いろいろ行きたいところ、食べたいもの、のみたいものがいろいろ
出てきてほんと、あっというまでした。

写真は
最後の最後、お昼出発の飛行機に乗るにあたり
空港でワイン&おつまみで一杯やっちゃった写真。
さすがフランス、おつまみもなにげにおいしかったです。

ということで長らくのフランスネタお読みいただき
ありがとうございました。

今日のBGM
Change My Mind
Luv and Soul

2週間の旅のあと、気持ちを入れ替え仕事にのぞまんとしたのですが
PCのパスワードをたった2週間会社を離れただけで
失念してしまい、かなりへこみました。
・・・なんだかなあ・・・

テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

春風亭昇太桂歌丸二人会

昇太歌丸二人会

歌丸さんと昇太さんの二人会に行ってきました。
昇太さんの落語は聴いたことがあったけど歌丸さんははじめて。
聴きたい、聴きたいと思いながらなかなか実現せず今日やっと日の目を
みました。

生の歌丸さんはテレビで見るよりさらに薄く、お痩せになっている印象。
でも、声も語りもしゃんとしていて、これぞ落語家さん、という感じ。
古典をきっちり演じてくださってましたけど、最後ちょっとだれちゃってたかなあ。
でもこれぞ落語という感じで、さすがの話芸でございました。

昇太さんは相変わらず席をわかしてましたけど
まあ枕でわかしていた部分がずいぶん長くもうちょっと落語をちゃんと
聴いてみたかった気も。まあ面白かったからいいけどさ。

ちょっとへーと思ったのは歌丸さんの前にでてきた久蔵さんという木久扇さんの
お弟子さんが出てきたんですけどそこで話されていた小ネタのひとつで
代々木で唯一一店開いていた木久蔵ラーメン直営店が12月30日に閉店になった
そうです。
だからどうした?といわれるとちょっと(相当)困ってしまうのですが

ま、ネタのひとつということで。

今日のBGM
Crusin
Huey Lewis
Gwyneth Paltrow

何回でもいっちゃいますけど
グビネス歌うますぎ。
日本のカラオケで鍛えちゃったなんちゃって歌手
なんかと比べようもない、自然だけど個性があり
味がある歌唱力。
Hueyさんのゴールデンボイスと絶妙に
からみあったなんとも素敵なデュエットであります。




テーマ : お笑い - ジャンル : お笑い

Coton Doux

フランス、特にパリでは、それはそれはおしゃれなお洋服・アクセサリーが
たんと売られているのですが、そうそう気軽には買えません。
だって高いんだもの。

街行くパリジャンパリジェンヌは、みなすごくシックなんだけど
いったいどこでお買い求めなのかしら?と不思議に思ってしまうわけですが
もしかしたら手持ちのワードロープは少数精鋭なのかもね。
とにかく洋服は断然日本のほうが安いものが目白押し、だと思います。

そんなわけで、あまりお洋服を買うつもりはなかったのですが
運よく、一見SOLDE(セール)のお店にぶちあたりました。
その名もCoton Doux

サイトを見てもらうとわかると思うのですが
悪趣味とおしゃれのちょうどぎりぎり境界線、みたいなシャツが
売られています。
シャツ好きの私にはたまらんお店です。
SOLDEだったのでちょうど半額ぐらいでシャツを買えましてだいたい
1枚5000円くらいでした。

私が買ったのはこれ
cotton doux

ボタンや裏地がなんともかわいいでしょ?

しかしながらもったいなくてまだブルーのシャツを一度着ただけで他のものは、
袖を通せていないのだ・・。我ながら貧乏性。
今年度中には勇気を出して(?)着てみようと思います。

今日のBGM
ワルツ「別れの叫び」作品179(ヨハン・シュトラウス)
ウィンフィルハーモニー管弦楽団

そろそろフランスネタもさすがに終わりに近づいておりますので
こちらの一曲。
今年のニューイヤーで演奏された一曲。
さすがな貫禄でしたねえ。面白みには欠けたかもしれないけど
これこそが本来のウィンフィルなのかもな、となんだか納得させられたような
演奏でした。

テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

yves rocher

yves rocher

韓国とかいくと、結構化粧品メーカー直営のSHOPがちょこちょこあって
結構楽しいんですけど、フランスにもその手のSHOPはありまして。
その名もYves Rocher
基礎化粧品から口紅からアイシャドーからいろいろいろいろ。
そしてどれもかわいく安い

ということで買ったのがこのリップグロス
このパレットみたくなっているのがミラーになっているのよ。

パリでも地方でもちょこちょこ見かけました。
お土産になかなかいいかもです。

今日のBGM
blue
Luv and Soul

新年のすがすがしい日には
ぴったりな一曲

テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

ブルターニュ レシピ マグネット

レシピマグネット

レンヌのお土産屋さんでみつけたマグネット
表は料理の写真、裏がレシピ。

写真はブルターニュのお菓子 クインアマン(と読むんだと思います。たぶん)
辞書を調べてもどういう意味だかわからずググッたらWIKIを発券。

kouign がお菓子 amannがバターの意味らしいです。
バターケーキって感じかしら?おいしそうですね。

フランス語がわかるなら裏がレシピになっているのでレシピどおりに
作ってみるのも一興?
(ちなみに文字のほうはガレット。そば粉のクレープのレシピですね)

今日のBGM
Gokula
Kula Shaker

ギターが中心ですけど、かっこいいだけでなく
楽しげで、聴いていてなかなか心地よいです。

テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

メロディグラフィック

地方ばかりでなくたまにはメジャーなパリお土産情報。
日本という国は実は使い勝手のいい安い文房具が豊富なお国柄。
私は学校で使いたいノートを買うのに結構四苦八苦しました。

が、安いではなく、「美しい」文房具となればやはり
フランスに軍配があがるような・・・。

ということでご紹介するのが
メロディグラフィック

いわゆるマレ地区にあるおしゃれな文房具やさん。
お土産をいくつか買いました

メロディグラフィック1

メロディグラフィック2

メロディグラフィック3

ノートは1冊500円くらい、ボールペンも1本400から500円くらいとお高めだけど
でもとにかくすごくおしゃれ。

実際のノートの使い勝手とかは、???かもしれないけど
でもこういうノートを使っていたらなんかちょっと楽しい気持ちに
なりません?

文房具好きな友達に「おっ!」と喜んでもらえるお土産、ではないかと
思います。

今日のBGM
Yellow Sunshine
押尾コータロー

パリを歩いていたあの頃はまさに夏真っ只中。
太陽の光をさんさんとあびながら歩いてましたけど
季節はすっかり冬・・・。
でもこの曲を聴いていると夏のまぶしい太陽の光が
よみがえってくる感じがします

テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

バンヌお土産;クッキー?

年を越えてもまだまだ(といってもそろそろネタぎれ間近)
ありますフランスネタ。
今回はバンヌお土産ネタです。

前回お知らせしたようにバンヌはかなりなお土産天国。
缶詰やしかり市場しかりピアスやしかり。

しかし、普通なお土産屋さんもかなり気が利いた一品を用意してくれています。
訪れたのは商店街にあるこの一軒。

お土産屋さん

一見さほど気がきいたお店には見えないのですが
バンヌお土産やさん1

中は宝の山です。

この中で今日ご紹介するのは

たぶんクッキー

こちら。
缶入りクッキー(と思われる。部長にあげてしまったので中身は未確認)

中身は消えもので、缶自体は使おうと思えば使えて
それなりにかわいらしく、お土産としてはかなり秀逸。
もうすでに半年近く前のことで記憶も記録も曖昧なのですが
だいたい5から6ユーロ程度でございます。

もちろんこのほかにもいろんな柄がありまして・・

いろんな缶が並んでましたが

こんな感じで箱の形から柄からいろんなものが並んでおりました。

バンヌの街自体は広くはなく、商店街をうろうろしていたら
この手のお土産屋さんにすぐあたるはず。
バンヌに行こうと思ってる方はこの手のお土産屋さんをあてにして
おくとかなりな収穫だと思いますよ~

今日のBGM
Snow
Luv and Soul
このお正月関東地方以外みな雪につつまれて
大変だったみたいですね。東京はお天気に恵まれましたが
そうはいっても・・・すごく寒かった!です

テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

新春落語

上野鈴本

めでたいのどかなお正月。
しかし・・・正直そうそうやることはないのよね。

ってことで、上野鈴本なんかに行ってみました
(写真は、上野鈴本のプログラム写真。お正月っぽいですね)

いつもだいたい開場30分前に並んでおけばだいたいOKなので
お正月ってことで早めにみこして来場してみたものの
ガーン。売り切れ。
立ち見しかないといわれました。

しょうがないから立ち見でGO。
でもお正月らしく出演陣は豪華
主だったとこだと

・のいこい(昭和のいるこいる)
・桃月庵白酒
・江戸家猫八
などなどとりは小三治

立ち見ってことでさすがに全部見るのはきつくって
途中一度抜けて最後紙きりの二楽さんと小三治
をみてしまい。

どの噺家さんもよかったけどまじめに古典をやってくれて
かつ面白かったのは小三治。
千早振るのネタが絶品。
前小三治みたときは声がでてなくてあれ?って感じだったんだけど
今回はその技にうなる感じ。でも声の調子は悪そうでときおり
湯飲みに手を伸ばしてましたけど。

そのほか馬風的な毒舌を披露していたのは玉の輔
正○のくだりなんてかなり膝をうっちゃいましたよ。
確かにへたくそだもんね。彼。
また歌武蔵という元お相撲さんの噺家さんの相撲裏ネタも
面白かったですねえ。

ということで久々の演芸場堪能。
落語会もいいけど演芸場はやっぱりいいなあ。
またこようっと

今日のBGM
はじめてのチュウ
LUV and SOUL

もともとアニメの歌だったなんて信じられないですけど。
彼ららしいハーモニーですごくいい感じにしあがってます。

テーマ : お笑い - ジャンル : お笑い

お年賀

今年は本当にお正月らしいお正月を堪能しております。
1日は祖母の家に行き、居合わせた叔父叔母にもそこで新年のご挨拶。
ということはお年賀がいる・・・

あっ!

母から用意しておくように頼まれていたのですが
大晦日まですっかり忘れており
やばっと気付いたのは除夜の鐘を聴いてからという体たらく。
あわててネットで年始やっているお店を探索。
ほとんどの店が2日から、という中、新宿ミロードは
1日からやっている。よし!

お年賀といえばベタですが、ふきんとかタオルとか。
ミロードのモザイク通りにあるかまわぬという手ぬぐいやさんに
すがるような気持ちで入りましたら
おおっ

かまわぬ ふきん

まさにお手ごろ。1枚480円。これを3枚1組にしてお年賀に。

写真にはとれませんでしたが、富士山の絵柄の縁起のいい
のし紙を巻いてくれますんで、体裁もよい。

ということでぎりぎりお年賀セーフ。

ああ助かった。

ぎりぎり、でなくともここのお店でお年賀をそろえるのは
ありかも。来年も用意するはめ(?)になったら
ここ覚えておこうっと。

今日のBGM
ごきげんよう!Party Night
米米クラブ

私が子供のころ、祖父も健在で叔父叔母もまだ
働き盛りの頃、祖父母の家は客人でごったがえして
まさにPartyでしたが
今では客人の何人かも鬼籍に入り
祖母も年をとり、昔に比べたら静かなお正月になりました。
でもそれはそれで味わい深いものです。






テーマ : お正月 - ジャンル : ライフ

レンヌバンヌお土産

見所的にはトゥール&アンジェ>レンヌ&バンヌ
なのですが、お土産的にはレンヌ&バンヌの勝ちな気がしてます。

いやもちろんトゥールにも、プルーンチョコという素敵なお土産が
あるのですが、手軽さにはかけまして。

レンヌバンヌは以前取り上げた缶詰にせよ、なんにせよ、かわいくて
安いお土産が多いのです。

たとえば、駅の売店で見つけたこんなもの

レンヌお土産

ドラジェが入ってました。

あとこんなもの

キャラメル

いわゆる塩キャラメルですね。
パッケージもかわいらしく、味もおいしくなかなかです。

有名どころのブランド土産、ではないですけど
でも思わぬところで偶然目にする愛すべき駄菓子を
買うのも旅の楽しみのひとつであります。

今日のBGM
Silent Night
Stevie Nicks

彼女独特のねちっとしたボーカルが
このザ・スタンダードな唄と意外とあうんですよね~。

テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

祝元旦

祝元旦

2011あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

冒頭の写真は中国の空港で撮影。
祝元旦って書いてあるから、文字通りの意味だと
思うんだけど・・・違うのかな。
違っていてもまあいいじゃないか。ここは日本だし(?)

東京のお正月はいつもの喧騒が嘘のような静寂に包まれております。
お盆の時も街は静かになるけどお正月の比ではない。
いいねえ、この静謐さ。
とてつもなく寒いけど、冬なのに生暖かいのも
気持ち悪いし、風邪などひかぬよう用心しながら
初詣でもいってこようかなあ。

今日のBGM
Celebration
Kool and The Gang

一応おめでたい日にあわせて。
もうめちゃくちゃかっこいいですね