酔っ払い

某タレントの酔っ払い騒動、ファンでもなんでもない、おっさんおばちゃんの間でも
結構な衝撃として話題沸騰。
特に
私のまわりは結構な酒飲みがわんさかいることもあって
みな統一した感想であったのは
「身につまされる」でした。
みな
「裸にはならんまでも「関係ないだろう」「何が悪い」
くらいは口にしてしまう可能性は大である」
という趣旨の感想をもらしていました。
あらあら。。。

酒席および酒席後の言動は
酒の上のことだから、と大目に見てもらえる傾向は
日本の社会においてはあります。
しかし酒のうえで、あろうがなかろうが、迷惑なことは迷惑。
やっぱ適量なお酒をたしなむのって
一大人として大事なスキル、かもですね。

ちなみに私自身も記憶をすっぽりなくした経験ももちあわせています。
それってやっぱりすごい恐怖。なにをしでかしたやら・・・。
また、記憶をなくさないまでも
酒が入ったがうえに、言わんでもいいことをうっかり言ったり
言い過ぎてしまったり、いわゆる千鳥足になって帰宅したことも、
数知れず。

私がたまたま有名人じゃなかっただけで見逃されているだけで
名も知れた有名人だったら後ろ指さされてもおかしくない言動は
多々あります。あなおそろし。
彼の騒動を機に、世の中の酔っ払いはみな、襟をただしたことと思います。

まあほめられた言動ではなかったけど、才能あふれた人だけに
早く芸能界に戻ってきてほしいな。
少なくとも彼なしのぷっすまは面白み2分の1以下、でした。

今日のBGM
Wonderland
Huey Lewis and The News

季節はずれシリーズ第2弾。
彼らお得意のアカペラです。
おそらくは何かの興にのって演奏されたものと
思います。
演奏した彼ら自身の拍手で曲は締めくくられていて
なんだかとっても幸せな気持ちになれる曲です。


スポンサーサイト

とりささみと塩しょうがあえ

IMG_0054.jpg

いつもの簡単レシピ。
元ネタははなまるマーケット、らしい。
(はなまるマーケットでやっていた、と書いてあるブログをみて
まねしてみました)

1.ねぎとしょうがを千切りにする。
2.1を塩でもみ、30分置く。
3.とりささみに酒をふり、電子レンジ(500W)で2分加熱する。
4.3をさいて、2をからめる。

出来上がり♪

あっさりとしているけどしょうがが利いて
冬にも夏にもよさげな感じ。
ほんと、あっという間にできるスピードメニューです。

今日のBGM
歌劇「ルスランとリュドミーラ」序曲
(演奏者不明)

私はNHKの「映像散歩」という番組が大好きなのです。
これは深夜に不定期でやっていて、おそらくはなんかの
電波テスト放送っぽいのよね。
ただ諸外国の町の風景を音楽とともに流しているだけの
番組です。でも余計なアナウンスなしで、きれいな音楽を
聴いているとめっちゃなごむんで、夜中録画しておいて
休みの日にぼーっとみたりなんかしています。

で、前置きがながくなったけどこのブログも
その番組をちらちら見つつ書いている、というわけ。

今日は土曜に宿泊の研修があったため振り替え休日で
お休み♪です。
平日に休めるのってなんか土日以上になごむなあ。



一年一組 せんせいあのね いまも

一年一組せんせいあのね いまも
昨日ご紹介した一年一組せんせいあのね それから の続編です。
心あらわれる作文は相変わらず、ですが。

この本では私、関西人の心意気を感じてしまいましたねえ。
7歳にして、文にオチがあるんですよ。

車にのっとったらほそいみちでばっくができなくて
もたもたした車がとまっていました。
いくらまってもバッグができなかった
おとうさんが
「バッグもできんのんやったら車にのるな」
と車の中でいっていました
それやのに
車からおりて
しんせつにうごかしてあげました。
にこにことしていました。
わかい女の人でした。


せんせいは
みほじゅんから
もらったてがみをみせました。
みんなはうそだといったけど
せんせいはゆうめい人だからほんまもんと
おもいます。
せんせいもしょうこがあるから
にったりとわらっています。
なんであんなもんで
せんせいはあほみたいによろこんでいるのでしょう。
なんぼよろこんでも
けっこんできるわけがない。
あのてがみは
さーびすなんだから。


うまい!
これ、関東の子だったらこうは書けない気がする。
こうやって物心ついた頃から関西人はオチの才能を
磨いていくのかもな。

この鹿島先生が担任をもつ子達は、
望むにせよ望まないにせよ、
オチをつけるにせよつけないにせよ、
毎日なんかしら文を書いて、ノートに記して
先生に提出する日々をすごしていくことになります。

大人であっても文を毎日書き続けるってそれなりに根気がいること
(ブログをやっているとほんとに実感)
7歳児にしてみたら大変なことです。
教育する大人側からすると、これをきっかけに文を書く楽しさに
目覚めてほしいなんて思うけど、まあそうは問屋がゆるさないようで
ああやれやれ、宿題から開放される、とほっとするこどものほうが
どうやら大半なようです。
あらら、なんだかもったいない、と思うのですが、本の後ろで鹿島先生と
対談している灰谷健次郎氏はこう言います。

かつて僕の先生の竹中郁さん(詩人)が
すばらしい詩を書いた子が、その世界を離れたときに
まったく書かなくなることがあってもそんなことは気にする
必要はないといっていたね。
こどものときに文章を書いたという経験は形を変えて大きな
ものとなり、その後の人生を左右するくらい大きなものとなって育って
いるのだからそれ以後どうであれ、書くとか書かないということは
まったく問題でないという意味のことを言っておられましたよ


このお説が本当かどうかはなぞですが、文章を書くということは
こどもであれ、大人であれ、生きていくうえで必要な力だ、と
私は思います。
こどもにとっては大変な苦痛を伴う宿題かもしれないけど
文を書く機会を教育の場で与えることって大事なんじゃないかなあと
思う次第です。

今日のBGM
If~もしも僕がこの空の星になれたら
LUV and SOUL Feat. URBAN NATION

少々ボーカルの音域と曲調があっていなくて
苦しそうなのがたまにきず。
本来はいまやまったくもって季節はずれな、クリスマスソングです。

一年一組せんせいあのね それから

一年一組せんせいあのね

それから・・・というタイトルがついている通り、この本の前にもうすでに
シリーズとして2冊本が刊行されており、この本はシリーズ3冊目になります。
私がたまたま3冊目から手に取った、だけの話。

中身は8割がた著者の鹿島和夫さんが担任された小学1年生のこどもたちの
文章です。笑えて泣けて考えさせられる宝石がぎっしり、です。

先生たちの音楽会やうんどう会でいうことばは
おんなじだとおもう。
はれだったら
「この天気にまけないくらいがんばりましょう」
雨だったら
「「この雨がふっとぶくらいがんばりましょう」
です。


ここにあるのは
赤ちゃんコンクールにだしたしゃしんです。
おとうさんとおかあさんは
ゆうしょうするとおもっていたそうです。
じぶんのこどもだから
かわいいとおもうのはわかるけど
このしゃしんをどうみても
ぶたのこどもです。
これがわたしだとはおもえない。
このしゃしんでは
わたしがそうぞうしたとうりに
らくせんでした。
わたしはあかちゃんのときはブスで
大きくなるにつれて
びじんになるタイプだとおもいます。


いやいやこどもってすごいね。
こういうほっと笑えるエッセンスがこの本には
てんこもりです。

泣ける文もあります。
私はこの2編を読んで電車の中でぽろっと泣いてしまいましたよ。

せんせいが一おくえんもらったら
なにをかいたいと
おとうさんにきいておいでといった。
いまぼくのおとうさんはにゅういんしている。
さくぶんなんからかきたくない。
だってぼくのおとうさんはしんでしまうかもしれない。
おにいちゃんが
「おとうさんはあと二かげつ三かげつしかもたない」
といっていた。
ぼくはおかねよりおとうさんのいのちのほうがだいじ。
一おくえんあってもおとうさんのいのちはかえない。



たむらくんのおとうさんは
おほしさまになったけど
おそらのうえから
たむらくんをみまもってくれているよ。
これからさびしいことがいっぱいあるけど
うれしいこともいっぱいあるよ
ないていたら
おほしさまになったおとうさんが
かなしくなっちゃうよ
ていこのおともだちのひろしくんのおとうさんも
ゆりちゃんのおとうさんも
おほしさまになっているから
たむらくんのおとうさんは
さびしくないよ
げんきをだしてよ
ファイトファイト


いったい大人はいつからこんな真摯なメッセージを
人に投げかけられなくなってしまったのでしょうか。
いつから気をまわしすぎて余計なことを考えてしまったり
いや考えることができているのならまだいいんだけど
人に無関心で自分のことしか考えなくなったりしてしまうのでしょう。

本来の人間のやさしさ、と明るさをこどもたちは大人に教えてくれている、
そんな気がしてくる一冊です。

今日のBGM
交響曲第2番ニ長調 作品36 第2楽章 Larghetto
コロンビア・シンフォニーオーケストラ

静かで荘厳でしっとりと心に響く一曲。
深くじわっとした感動が心にしみわたる感じがします。

世論調査

4月24日の朝日新聞で、世論調査についての特集がなされていました。
いろんな切り口で議論されていて面白かったのですが
言われてみればそうだわな、と思ったのは「調査の方法により
調査結果は違ってくるのに、そこにはふれずに調査結果だけが
一人歩きしていく」ということでした。

私も会社員なので、マーケティングのために定量調査って
何回か実施したことがありますが
「あちゃあ、調査の方法、失敗した~」と思うこともたびたび。
よくありがちなのは「誘導尋問」

調査って自分がたてた仮説が本当のところどうなのか、というところを
確認するためにおこなうのがほとんどなわけですが、仮説を立証したい
という思いが強すぎるとついつい、回答選択肢の幅が狭くなって
「そりゃこの選択肢に集中するわな」という調査結果になってしまったりする
ことが多くなりがち。

また設問だけでなく回答結果をどう解釈するか、でも調査の意味合いは
違ってきます。選択肢に「その他」をおき、そこにフリー解答欄なんかを
おいた場合、そのフリーの回答を自分のいいように解釈して読み込んじゃう
ことも、たびたび。ああ、なんのために調査しているのやら。

さて前置きが長くなりましたが、今の日本の就業人口ってなんだかんだいって
会社員比率が高いはず。
そうすると、私同様調査なんてほんとあてにならん部分があるっていうのを、みな
多かれ少なかれ実感しているはずなのです。
なのに、報道機関の調査結果って特に疑いもせずに信じてしまうことが
どうも多い気がします。

ま、新聞はそうはいってもまだまし。それなりにサンプル数は一定規模を
集めますし、ランダムコールによる調査などを徹底しているようです。
問題はTV。
道の通りすがりの2,30人の回答結果を堂々と「調査結果」
として流していたりすることもしばしばあり、TV前で
おもわず突っ込みたくなることもたびたびです。
定量調査のボリューム的にもまったくもって足りないし
いったいいつの時間帯のどこの道端で聞いたのかによっても
サンプリングに偏りが生じるはず。

ということで、言われたことをそのまま鵜呑み、ではなく
描かれていることを自分で再度吟味し考える、というくせを
つけないと、報道機関に「してやられる」かもしれないなあ、
と報道機関の特集を通じて考えさせられました。
うーん、それもまたなんだか皮肉・・・。

今日のBGM
Come Dancing
The Kinks

いまどきの若者が聞いたらフォークダンスですか?
これ?と聞きそうななんだかのんきな曲調。
でも私はこの曲、すきです。








今日は泊まり掛けの研修です

仕事とプライベートの割合調整という話をしたばかりではありますが、今日は会社で泊まり掛けの研修で拘束されています。
こればっかりは自分ではいたしかたない。

ま、会社の研修なので、研修に参加しているのは会社の人間のみ。それなりに会社には長くいるから、知っている人間も多いけど、初めて話す人も混在。同じ会社でも部署が違う人の話はときに新鮮でもあり、立場が違えど、悩みは同じという側面もあり。。
たかが会社の中でも、接点ある人って限られているのね、と実感。もっといろんな人と話をしなくちゃなあと感じた1日でありました。

今日のBGM
Bird's Lament
Moondog&The London Saxophonic
確かに鳥のさえずりをサックスで表現するとこんな感じになるんだろうな。メロディアスなさえずりを楽しめる一曲。

なぜだか忙しい、けど・・・

いやなんだかすごく忙しいです。
仕事においては、もう会議やらなんやら、時があっという間に
たっていく。まじで嵐のようです。

一方でプライベートのほうも、家はだいぶ片付いたけど、
新居にあう家具を探したり、ついでに壊れたデジカメのかわりを
探したり、と買い物にも忙しかった。
ものを買うのも、それがそれなりに長く使うものである場合は
それなりに神経も使うし、えいやっとは買えないものです。
ま、そういいながらえいやで買っちゃったけど。

スケジュールはみっちり。
だけど自分の心の中に残っているものはなんだかごくわずか。
これじゃあ、よくないな。

今のわたしのくらしぶりは
仕事 7 新居整え 2 家事炊事 0.5 その他0.5
ぐらいの割合(当社比)になっちゃっています。

新居整えはもうほぼ終了、仕事は今まだ異動したばかり
&年度企画検討時だからパワーをかけるのもいたしかたなし
ということで

仕事 6.5 家事炊事0.5 その他 3くらいの
割合にせめて戻すよう、自分のバランスを整えていこうかな
と考える今日この頃です。
頭を切り替える余地が少ないと、いろんなことも活性化しないもんね。

今日のBGM
Movin' Out (Anthony's Song)
Billy Joel
こう忙しいと、この歌の歌詞もちょいつきささりますよ。
ちょうど家も引っ越したばかりだしね。
ま、私の場合はリタイヤするために引っ越したわけじゃないけどさ。







オクラとじゃこのチャーハン

じゃことオクラのチャーハン

桜が咲いた、と思ったらもうすでに初夏に季節が移ろうとしている今日この頃。
この日曜は関西では30度を越える暑さだったようですね。

夏になるとおいしくなる野菜のひとつがオクラ。
幼い頃はあのねばっとした感じがニガテだったけど
今は逆にあのねばりがやみつきに。
特に夏などはこのねばりでスタミナアップになる、気がする。

ということで。
ちょいきがせいて購入したオクラをつかったチャーハンです。
じゃことあわせています。

ポイントは
・じゃこをかりかりにすること
・酒をふって風味をますこと

かな?オクラが色と味のアクセントになる、気がします。

詳細レシピはこちら

ayukoroさんありがとうございました!

今日のBGM
Breezin'
The B-52's

いつもの彼らよりは、なんだかスローで
神秘的。
ああ、この曲聴いてたら眠くなってきたよ・・・。


うちの近所はみなお花好き

以前住んでいたところよりも、今住んでいるところのほうが
都心には断然近いです。

が、緑の豊かさはこちらのほうがよほど豊か。

びっくりしたのは、マンションやアパートの公道にかなりの確率で
花壇が設置されていること。
しかも雑草がはびこることなく本当にきれいに手入れされているのみならず
咲き乱れる花も、複数の種類に及んでいます。

こんなのや

花その1

こんなのや(この花なんだろ?)

花その2

こんなのや
花その3


・・・とにかく写真とりきれないくらい、いろいろです。

あと桜並木もあちこち結構きれいなんですが
桜の種類もさまざまで、こんな感じの丸っこい桜も
あちこちに乱立。
おかげで桜も長く楽しめます。

桜

今まで私は自分ちのまわりに自然をもとめてはいませんでした。
うまれ育ったのが、街路樹すらぽつぽつとしかはえていないような
ところで、近くに川もあるにはあるが、汚れきっていてとても川とは
思いがたい川、という、よくよく考えれば結構極端な
住環境だったもので、普段の生活に自然をもとめる、という発想が
なかったのです。

で、そういう住環境にあるマンションアパートの公共スペースや
近所の児童公園も、木がしょぼしょぼっとはえているだけで
とても緑あふれたとはいいがたいものばかり。
特にそういった状況に異をとなえるものも誰もいませんでした。

今私が住んでいるところは、北海道や沖縄、などの自然あふれた
ところからすれば、緑などないに等しいかもしれないけど
それでも、身近な住環境でできるだけ緑を感じていたい、
という意識が明確に高い地域である気がします。
本来はそういう気持ちをもつことって、人として自然だし
大事なことなんだよなあ、と思います。
少なくとも今まで住んでいたとこよりも、散歩していて気持ちがいいし
気も晴れる、のを実感しています。

利便性でいえば前住んでいたところのほうが
なんでも近所で手に入って、圧倒的に便利だったので
その便利さを懐かしく思ったりもしますが
ここはここで、捨てがたい魅力。
住めば都、とはよくいったもんだな、と思う今日この頃です。

今日のBGM
ダイナマイト
SMAP

まあ、別になにがどうってことはない曲ですが
のりはいいので、コンサートではもりあがる曲、
ではありました。







京都の名残 京都ビール

京都ビール 瓶

京都では、お漬物のお土産だけでなく、地ビールも買いました。
これは黄桜酒造でうっているビール。日本酒酒造がつくった地ビールの味ははたして。
実はこのほかにも2バージョンほどあるのですが、一部友人にあげたりしまして
私はこのケルシュというのを自宅で味わってみました。

京都ビール

中はこんな感じ。
一見普通ですが、若干、色濃い目。
味も若干濃厚。

少々重いのがたまに傷ですが、こういうお土産も酒好きには
たまらんです。ぷは~。

今日のBGM
In My Life
Bette Midler

前にもご紹介したこの曲。
ほんと聴いているだけでぐっときます。
元祖ビートルズのものともまた違う味わいです。



大原さんちのダンナさん このごろ少し神経症

大原さんちのダンナさん このごろ少し神経症

まじでおすすめの1冊。マンガなのであっという間に読めます。
現に私は会社からの帰り道で一気に読破。

著者のご主人は、いわゆるパニック障害を抱えており、精神科に通いながら
日々をすごされているお方。
いろいろこだわりも強くて、出かけるときは人と目線があわないように
自分のテリトリー(知ってるところ)に入るまではマスク&帽子で外出するも
自分のテリトリーでは、誰にでもめっちゃフレンドリー。
そのうえ博識で、料理も上手で掃除好き。
テリトリー以外で出会う見ず知らずの大人には心を開かないけど、
こどもは大好きでこどもにもすかれるという
なかなか個性的、という言葉では飽き足らない奥の深いお方です。

かなり凡人からは信じがたいエピソード満載ですが
しかし確かに見方を変えればこれはこれでありなんじゃ、とも
思えます。いわゆる会社員には絶対なれなさそうだけど
みんながみんな常識どおりだったら世の中つまらんもんね。

ま、私のこの感想だけではいまいちこの本の魅力は
伝わらないかも。
ものはためし、読んでみてください。

ただ、こんなにプライバシーまるまるだしちゃって
本当に家庭生活なりたつのかしら?というのは
素朴な疑問で思ったりしたけど、そういう感想も
まだまだ常識にとらわれているおろかな感想、なのかなあ?

今日のBGM
「君を忘れない」
LUV and SOUL

亡くなった恋人を思う唄。
亡くなった人のことを思い出すのはせつなく辛いけど
もらった大事な思い出は、心をあったかくしてくれます。
前にもブログで描いた会社の先輩の命日が、もうすぐ
やってきます。

ろけっとこざる

ろけっとこざる


この本の主人公はおさるのジョージ。
いまやそれなりに人気のあるキャラクターとして
文具やらなにやらよく街中でもみかけるメジャーキャラクターですが
ジョージとわたしの出会いは小1のころ。
ひとまねこざる、というタイトルの絵本でした。
茶目っ気あるジョージに7歳の私はくぎづけでした。

ろけっとこざるは人まねこざるよりさらにスケールが
大きくなっていました。
でも視点はあくまでこどもの視点で、おさるの視点。
そんなまさか、というエピソードが語られながらも
さもありなん、とも思わせる主人公ジョージのキャラクター
設定が秀逸です。

きっとひとまねこざるやろけっとこざるだけでなく
シリーズの絵本はいろいろあるはず。
他のも読んでちょっとくすっと笑ってみたいなと
思わせる本でした。

今日のBGM
Strawberry Fields Forever [Take 7 & Edit Piece]
The Beatles

この曲はビートルズというグループのすごさをつくづく感じさせる一曲だと
思います。
いまでこそこういうスローで不思議な雰囲気な曲って珍しくもなくなりましたが
まだエレキギターでかきならすだけで最新鋭であった時代に
この曲を出せる、ってただもんじゃないっすよ。


あなたの小さかったとき

あなたの小さかったとき

引越し先もありがたいことに
図書館がすぐ近くにありました。

図書館ですぐ目に付いたのが絵本コーナー。
絵本なんてぜんぜん手に取ることがなかったのですが
久々読んでみるといやあ奥が深い世界ですねえ。

いろいろ読んだのですが、今日ご紹介するのは
「あなたの小さかったとき」

自分のこどもに母親が、赤ちゃんのころどんな
赤ちゃんだったのか、ゆっくり語ってきかせている本です。

私も小1のころ、はじめて自分の赤ちゃんの頃のアルバムを
見せてもらった記憶有り。アルバムの自分が自分であるとは
なんだか信じがたい気持ちがしたのを覚えています。
私ってこんなに小さかったんだ、赤ちゃんだったんだ、という
当たり前の事実に驚くやら感動するやら。

きっとこの本は弟や妹ができた4から5歳の子に読んで
あげるといい本なんだろうな、と思います。

今日のBGM
NEGAI~The Angel“I say Yes”~(アルバム・ヴァージョン)
LUV and SOUL

いかにも若々しい、夢や願いを描いた歌。
いまいち青くさいけど、ま、それはそれでひとつの魅力、かも。

デジカメをついに買いました

デジカメ

ついに新しいデジカメを買いました。
使い慣れていたFine Pix で探していたのですが
Fine Pix&単三乾電池で動くやつは
Fine PiX だとてぶれ防止機能がついておらず
いたしかたなくCanonとPanasonicで比較。
画素で比較しCanonを購入しました。

以前はまとめ買いとかでない限り
天下のヨ○バシカメラもなかなか値引いて
くれませんでしたが、
(値引かずにいろんな付属品をおまけでくれるパターンが
多かった)今は不況で、デジカメの売れ行きも曇っている
ということで、価格.comの値段をちらつかせて
表示価格より2000円下げてもらいました。
わーい。

その足で、トレジャーズファクトリーで
家具をチェック。チェックした家具をさっそく
新しいデジカメで撮影してみましたが
いやいややっぱ、今まで使っていたものとは
雲泥の差。電化製品の進化ってすごいですね。

いやもともとね、私のデジカメはどうも相当遅れている
ことはうすうす感じていたのです。
同僚との大阪京都旅行でもみなくちぐちに
マクロ撮影がどうのこうの
といっていて、いったいなんのことだろう、あそうか、画素をめっちゃ
よくしているに違いない、とか勝手に想像していたんですが
今のデジカメはそういう機能が普通についているんですね。。。

使いこなせるまでは時間がかかりそうだけど
ぼちぼちこのカメラであちこちを撮影してみようと思います。

今日のBGM
シベリウス 交響曲第2番 ニ長調作品43
第4楽章
NHK交響楽団

迫力あるすごい曲。
心が奮い立つ感じがします。

春ですね~

近所の桜

春ですね~。
東京の桜はそろそろ散り始めていますが、先週末はまさに
満開、見所満点。

引っ越した先は前住んでたとこよりも都心よりなのですが
前のとこよりも緑が実にゆたか。

これ写メールでとったのでいまいちわかりにくいのですが
桜と菜の花両方が楽しめる川辺が歩いてすぐにありまして。
お散歩してみましたがなかなかきもちよかったです。

まだ近所のどこになにがあるのかぜんぜんわかっていませんが
近所探索がなかなか楽しい今日この頃です。

今日のBGM
Through My Heart (The Arrow)
Az Yet

昨日帰宅は仕事が終らず12時過ぎ。
へとへとに疲れて帰ったとき、こういう静かな
メロディアスな曲を聴くとちょっとほっとします。

オーラの条件

オーラの条件


林真理子のエッセー集。

彼女のエッセーってどういうときに手にするかっていうと
私の場合、これからいざ移動だがカバンに入れていた本は
全部読んでしまって、もう読むものがない、じゃ急遽なにか
買い求めるか、ってなシーンで手にすることが多いです。

本を読む事が好きでよかったって思うのは
もちろん本を読むことで思考が深まったり
感性が刺激されたりするのももちろんなんですが
ぽっかり時間があいたときに退屈しないですむことも
大きい。彼女のエッセー集はまさにそんな「ぽっかりあいた
ときにさらっと楽しく読む」のには最適です。

林真理子自身過去の読書感想文コンクールの
授賞式スピーチでこんなことを言っていたそうです。

「本をたくさん読んだからって、そんなに頭がよくなる
わけでも、立派なひとになるわけでもありませんよ
(私を見なさい)だけど読書というのは、ひとりでしていて
唯一みじめでない行為です。あなたたちが本を手に
持っていたら、もうひとりでいることも、長く待たされる
ことも少しも苦にならなくなる。端から見ていても、ひとりで
本を読んでいる人は本当にカッコいい。本を読む習慣を
持つことは、ひとりでいることのあせりや孤独から救われる
ということなんです」


うん、確かに確かに。
ああ、本当に本を読む事が好きでよかった。
しかしなんだかんだいって、駅の近くには必ず本屋があり
かならず一定の人が本屋で本を立ち読みしている人が
いる日本というこの国は、書籍離れといわれながらも
本好きな国民が多い国なんじゃないかな、という気がします。

今日のBGM
Opus For Four
The Art Of Noise
真夜中のあやしい光に誘われて
光をおっていくとそこはあやしげな宇宙空間が・・・
というような想像が広がる楽曲。





堂島ロール

堂島ロール

大阪で仕事をすませてからよったのがMon chouchou。
堂島ロール、というロールケーキで有名なお店です。

といっても私はまったくこのケーキの存在を知りませんでして。
一緒に大阪出張した会社の同僚から話を聞きました。
なにやらすごいケーキらしい。へえ・・・。
同僚は、まだ大阪に残って仕事。
私だけ、東京に一足先に戻ることになっていたので
東京で残っていたメンバーのために評判のケーキを
お土産にしよう、と思いたちました。

しかしまあ、これがびっくりするぐらいの行列で。
20分くらいは並んだんじゃなかろうか。
近辺は三井物産の本社や朝日新聞、三井住友
などそうそうたる企業のビルが立ち並ぶオフィス街
私同様、家族へなのか、会社の部下へなのかは
わからんけどお土産に購入している親父たちも
おとなしく並んでいました。

あまりの列に、観光客の外国人が
「いったいこの列はなんだ?」と行列を整理していた
店の人に聞いていて、ケーキを買うための列だ
と説明していたら、口あんぐり、でした。
そりゃそうだ、たかがケーキで並ぶんだからね。
私も自分のため、とか家族のため、だったら
並んじゃいないよな。おいしくてもたかが
ケーキ、だし。

本当は当日中に食べなきゃいけないようですが
明日午前中をめどに会社で食べてもらうべく
ケーキは自宅に一旦もちかえりました。
中のケーキはこんな感じ

ロールケーキ

まだ食べてはいないのですが、確かにうまそうだ♪
明日が楽しみ~

今日のBGM
A Change Gonna Come
Seal

迫力あるボーカルと、重厚なベースと
ストリングがなんとも素敵な一曲。
PVもシンプルだけどかっこいい。







また大阪

つい先日大阪を堪能したばかりというのに、今日もまた大阪。
今日は仕事です。

しかし大阪ホテルに着いたのは22時過ぎで、かつ明日は気合いを入れないといかん仕事(いやまあいつだって仕事は全力投球しなくちゃいけないんですけど、明日はしゃれにならんのです)が控えているんで、夜はホテルでおとなしくしておりました。
でもさすが大阪。味わい深いローカル番組発見。かつてボクシングでライバル同士だったトミーズ雅と赤井英和がMCのごきげんブランニュ(略してごきブラ)という番組発見。環状線の旅という環状線の駅、いずれかを赤井英和が旅したり、地元の銭湯を探訪して、みんなでワーワー思い出を語りあったり実にゆる~い番組でしたが、どうやら9年も続く長寿番組らしいです。
こういうローカル番組を発掘するのも旅の楽しみです。

今日のBGM
Bobo Tempo
Huey Lewis And The News
彼らにしては珍しいレゲエ風な曲。カラッと晴れわたった海でコロナビールなんか飲みながら聴きたい曲。

京都 豆せんべい

豆せんべい

今回は京都まで足を伸ばし、京都の美味をいろいろ堪能しました。
紹介した鳥せいのほかに、京都の台所と称される錦市場にも
いきました。
市場にはごくごく幼い頃、親に連れられて赴いた記憶が
かすかにあるけど、ここ最近は訪問の記憶ナシ。
なので市場で目にするものすべて新鮮でした。

私が市場でGETしたもののひとつが、豆せんべい。
なんだかひたすらおいしそうに見えて、友人と購入。
しかしひとついくらだったか記憶がまったくなし・・・。
まあそんなに高くはなかったはずです。

おいしそうですぐにも食べてみたいのだけど
そもそも友達の土産に買ってきたものだから
初心貫徹で友人に手渡そうと思います。

今日のBGM
The Other Side
Aerosmith

エアロスミスらしく重厚なサウンドだけd
その重厚さが人の声、つまりハーモニーによる
ところがでかいのがここの曲のききどころにょうな

水菜のお漬物

今日からインターネットが復活。
ブログも普通に更新できるようになりました。

が、デジカメが壊れてしまいまして(泣)
写真だけはしばらく写メで撮らざるをえません。

お漬物

ということで、ちょっと画素があらくてすみませんが
これは、京都鳥せいの近くのお漬物屋さんで
買った水菜のおつけもの。

昨日先輩のおうちにおよばれした際、手土産でもっていきました。
さんざんのんだ後のお口直しにちょうどよろしゅうございました。
やはり京都のお漬物はあなどれじ、です。

今日のBGM
Falling In Love (Is Hard On The Knees)
Aerosmith

もちろんお漬物とはなーんの関係もない一曲。
ホーンが効いた私好みの一曲、であります。

八重勝 くし揚げ

20090404150134
ご存知、2度づけ禁止の串揚げ。一本百円から食べられます。
私が好きなのは野菜の串揚げ。玉ねぎ、蓮根、カボチャ、ジャガイモ。。。サクサク、ホクホク、シャクシャクでたまらんうまさです。

後今回挑戦したのはチーズ。衣の中でチーズがジュワッと溶けて、これまた絶品。チーズっていっても、カマンベールとかブリーとかそんなんじゃなくて、普通のプロセスチーズですよ。でも火の通し具合が絶妙で、うまい!

新世界迄足を伸ばさずとも、梅田なんかでも食べられますけどね。でもやっぱ新世界で食べるほうが観光気分は盛りあがるってもんです。いやいやおいしかった。ビバ新世界、ビバ串揚げ。

今日のBGM
Crash
Aerosmith

エアロスミスらしい賑やかで激しいギターワークが楽しめる一曲。

スマートボール

20090404095359
大阪を訪れる際に、ついつい訪れるのは、新世界。なんともディープ、だけど楽しく、かつリーズナブル。そして何より活気があります。

新世界で楽しみにしているのが、スマートボール。
ボールを弾いて、穴に入れるだけの実に単純なゲームですが、意外に燃えます。

三百円投資して、デカイビスコをGET。

だからなんなんだ?と言われればそれまでですが、たわいなく楽しめる娯楽です。あ、でも一応十八歳未満の入場はお断りらしいっす。

今日のBGM
The Farm
Aerosmith

よくよく聴くと実にいろんなサウンド、ハーモニーが折り重なって実に深い重みのあるサウンドです。

鳥せい

20090403012120
醍醐寺を散策したら、もうお昼。寺田屋の近くの鳥せいでランチとあいなりました。リーズナブルなのは鳥めし定食700円でしたが、私は少々奮発して、鳥さしや焼き鳥などが食べられる千円少々の定食をオーダー。さらに鳥めしの小を四人で分けあいました。

ここは、日本酒神聖の蔵元が経営してるお店なんで、メニューには日本酒もずらり。これは飲むしかないってことで、神聖の冷やをいただいちゃ位ました。う~ん、うまい&いい気持ち。
夜は居酒屋になるようで、夜ここで日本酒と一緒にチビチビいくのも楽しそう。次は夜に行こうっと。

今日のBGM
恋しくて
Begin

有名すぎるぐらい有名な一曲。アコースティックギターがなんとも渋くて悲しくて。いい曲っす。

醍醐寺の桜

20090402002358
さてまた大阪旅話。今回は大阪だけでなく、京都にも足を伸ばしました。
京都で向かったのは、醍醐寺。どういうお寺なのかわからずに、同行の会社仲間に誘われるがまま、向かったのですが、なんとも桜が綺麗。

しだれ桜なので、ソメイヨシノよりは開花も早め。それも功を奏した感じです。
桜とお寺は実に合う。建物の中は特にこれという感銘はなかったけどお寺と桜の絶妙なバランスに心打たれたお寺でした。

今日のBGM
So Much in Love
All 4 One

ヒューイさん達もよくライブでこの曲アカペラでやってくれます。
ヒューイさん達よりもスローでしっとりな仕上がり。

今年度終了

20090401010506
大阪旅話はまだあるけど、ちょっと閑話休題。

今日で今年度が終了しました。

年度がわりで仕事も変更になります。

たかだか部署が変わるだけなんだけど、この1、2週間所属部署や課のメンバーからちょくちょく花束をもらっていて、うちの玄関はちょっとばかし花であふれています。

あまり今の部署では、これという活躍もできなかったのに、こんな心使いをしてくれる上司と同僚に心から感謝。
明日からまた頑張ります。
今日のBGM
Tatoo(Giving All Up ForLove)
Huey Lewis and The News

年度最後の締めはやっぱヒューイさんで。愛をもらうばかりではなく、人のために心くだける一年になれたらいいなあ。