真昼の悪魔

真昼の悪魔


ドラマ化されたことで複刊されたこちらの小説。
確かにおそろしいエピソードもてんこ盛りで、ドラマにはなかなかよさそうな素材です。
が、ぜひ小説で読んでほしい。
なぜなら小説で読まないと、エピソードがきつすぎて、著者の本来伝えたい「悪」の概念が
伝わりにくくなると思うからです。

遠藤さんが熱心なキリスト教信者であることは有名で、沈黙はじめ、彼のキリスト教の思想に基づく
思索がさまざまな小説に色濃く及んでいることは言わずもがな、です。
この小説に描かれている悪の概念もおそらくはキリスト教の教えにもよっているのでしょう。

私はキリスト教信者ではありませんが、キリスト教系の学校に通っていたので
一定の宗教教育は受けてきました。宗教教育は学校教育の一環でもあったので
道徳教育的なものを兼ねていた、という側面もあったからか
善行やほどこし、哀れみ、あるいは他人のために自分を犠牲にする精神などは
いやというほど習ってきましたが、悪とは何か、を考えることはあまりなかったような気がします。

ただ、悪を学校の授業で習うまでもなく、小さな悪はこどもながらもまわりにいくらでもありました。
そして成長し、自分の世界がどんどん広がっていくにつれ、悪はただの日常にあるちょっとした悪意
レベルではなく、残忍な犯罪となっていくこともあるのだ、ということを学んでいきました。
しかしながら、子供のころに実感していた悪も、大人になってから触れた悪も
ある意味どちらも実にわかりやすく、あくどいものでした。
でも悪か善かはっきりわかるような悪よりも、この本で作者が繰り返し
書いているように、一見美しく、またもしかしたら華々しい
ものの奥にある、隠れた悪、のほうが質は悪く、また屈折しているものなのかもしれません。
あるいはそのように隠れた悪の蓄積がいつしか大きな犯罪になっていくものなのかもしれません。
また今の世の中でさほど悪ととらえられていない事象も実はとてつもない悪行なのかもわかりません。

と考えていくと逆に
ちょっと踏み間違えれば人は残忍な方に流れていくことができる。
そこを踏みとどまり、懸命に生きてるからこそ美しいともいえるのかも、とも考え至ります。

極端なエピソードを面白がって読むのも悪くないですが
悪ってそもそも何なのか?普段なかなか考えないテーマを考えるきっかけになる1冊です

今日のBGM
Robert Randolph
The March


続きを読む »

スポンサーサイト

神様の裏の顏

神様の裏の顔

心あたたまるエピソードの積み重ねから、じわじわ読者に違和感を覚えさせ、やっと核心に迫ったと思いきや、後半いなされる。

まあ、正直後半の展開はやややりすぎで、もうちょっとシンプルでもよかったんじゃないの?という気もしないではなかったですが、その過剰感をもってしても、面白かった、と心から思えるミステリーです。

もっと色々感想を書きたいのですが、感想を書くと思いきりネタバレしそうなのでこの辺で。
とにかくおすすめです。

今日のBGM
Do you believe in love?
Huey Lewis and the News

刑務所ワズ

刑務所わず

ご存知ホリエモンの刑務所体験記、です。
刑務所ナウ、も読んだのですが、ナウよりワズのほうが読みやすいし
私にとってはいろいろ学べる1冊でした。

刑務所に入るというのは
普通に考えたら相当に気持ちが落ちることのはず。
ましてや彼は自身で無罪を確信して戦ってきたわけですから
その落ち具合は相当なものだったのでは。

でもそこをただただ耐える、だけで終わらせずに、
経験をちゃんとアウトプットし、結果的に相当の売り上げに変えちゃう
とはさすがとしかいいようがありません。

ただ、おそらくこの記録についていえば
決して売り上げをあげることが「目的」ではなかったんだろうな、と思います。
結果的に売れた、だけであり、彼にとってはなんらかのアウトプットを
出すことを、生活の中に組み入れていくことが刑務所の中での生きがい
だったのではないかなと想像します。

とはいえ、刑務所でできること、も喜怒哀楽の幅も限られてはきます。
よって彼のそれまでの、また刑務所を出た後のいろいろなビジネス本に
比べると、淡々とした事実の積み重ね、つまりは
日々の食事、刑務所内の環境、当番の内容、他受刑者の状況、関係性
行事といった記録に相当のボリュームが割かれています。
しかしながらこうした記録に近いドキュメントを読んでいくだけでも、
日本における犯罪更生の課題がまざまざとわかってきます。

犯罪を繰り返す人の中にはもちろんいわゆる極悪非道な人も
いるのでしょうが(またそうした悪質な犯罪者がいることも、この本からはわかるわけですが)
本の中で堀江氏が繰り返しているように大半はごく普通の人たちで、
経済的な事情や本人たちのスキル、健康状態その他から「犯罪を繰り返さざるをえない」
状況に「なってしまう」ことが、本を読み進めていくうちにじわじわと、実感できてくるのも
この本の特性で、単なる獄中日記にとどまならいゆえんだと思います。

ということで、ホリエモンのことが嫌い、な人にもおすすめ、な一冊です。

今日のBGM
Try A Little Tenderness
Paul Giamatti & Arnold McCuller

隠蔽捜査



警察内部の捜査事情を絡ませながらとある殺人事件の真相に迫るミステリー。
頭がかっちかちに硬い、ここまで極端な人もそうそういなあのてわはと思えるトップエリートが主人公なのですが、極めればそこに正義が生まれる、という筋書きは中々新鮮です。

このほんをスタートにシリーズが展開されているようでさっそく買い込みました。
続きも楽しみです。

今日のBGM
Slammin
Huey Lewis and the News

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

文学賞メッタ斬り リターンズ

文学賞メッタぎり

石原慎太郎を読んでみたの次に手を伸ばしてみたのがこちらの本。
本来は順番が逆、でしょうし、リターンズ、となってるくらいですから、そもそも最初から読めよって
話ですが、固いこと言うなかれ。
冒頭にある芥川賞を取り損ねた(?)島田雅彦氏も交えた対談が面白すぎておきて破りな順番で
読んでしまったのであります。

私は豊﨑氏、大森氏、そして島田氏に比べたらきわめて軟弱な読者で
それこそ3氏が推す作品はもしかしたら難解すぎて読み切れないのかもわかりません。
やはり筋が明確にあるほうがいいし、文章も簡潔に越したことはない。
でも単純で楽しくて明快なだけなものにあふれるのも、なんというか文化程度を低くする
気もします。

多く売れる、ということは決して簡単なことではなくそれを成し遂げていること自体は
評価されてしかるべきだけど、売れているだけで評価されるのはどうなのだ、というところと
文学は、多くの人にわかりやすい、というだけで評価しちゃだめでしょ、深みや何より
基本の文章力があってこそ。そんなの当たりまえじゃんって話ですが当たり前のことが
意外と当たり前でなくなっているのが昨今の世の中。

ま、歌手を名乗ってるのに音痴だったり、声が出てなかったり
いつも同じパターンの楽曲出してもまったく恥じ入る様子がなかったり
していますもんね。文学もいわんやをや、なんでしょうね。

ま、そういう思いを「歯に衣きせず」とはまさにこういうこと、という
きりっぷりで著者の2人がばっさばっさと斬っていく1冊です。
まあ私からすると読んだことのない本ばかりの評論を読むのはものによっては
つらいものもありましたが、それでも「なぜ評価するか」「なぜしないのか」が
ロジカルにかつ辛辣に、つまりは明確に書かれていたので面白く読めました。

ほかの「メッタ斬り」シリーズも読んでみようと思います

今日のBGM
Hip To Be Square
Huey Lewis and The News