スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴瓶噺

鶴瓶さんが一人で2時間ひたすら話すライブ、です。

冒頭で「落語じゃないですよ。これ、何度も言ってるんですがなかなか浸透しなくて」
となじみの観客中心に笑わせていましたが、まさに私、落語だと思ってきてしまったので
正直拍子抜け、ではありました。

ただ、落語でなくても十分笑えました。
ひとつひとつのネタはどうってことない、その辺にある普通の話です。
どんなネタがあったか思い出せないくらい普通の話。
本当に鶴瓶さんと普通に世間話をしているかのような錯覚を覚える
感じの話。で、特徴的なのは、市井の面白い人、を題材にしているんだけど
貶めている感じが全然しなくいやな気持に全然ならないの。

これはきっと人に対する「悪意」嫌悪」がなくて、ただひたすら面白がっているからなんでしょうね。
実際嫌いな人はいない、とライブで断言してらっしゃいまして、人に対してフラットなんでしょうね

一方私は大変心がせまいもので、ライブ中となりの観客にいらいら。
一人はライブ前にお酒をのんだのかひたすら酒臭く、靴までぬいでるもんだから
においが気になって気になって。さらに横のおばさんは
笑った後「ああ○○ねえ、そうそう」とか本人意識してないんしょうけど
いちいち大声で感想言うもんだから気になっちゃって気になっちゃって。
ここ家じゃないんだからさあ、と突っ込みたくなりました。

こういうのを「面白がる」のか「いらいらして終わる」のかが人間性の差なのかもね。

今日のBGM
TVのシンガー
The Yelow Monkey






スポンサーサイト

東京03 時間に解決させないで

久々東京03のライブに行ってきました。
今回は箱が大きくて神奈川芸術劇場
埋まるんかいなと思ったらほぼほぼ満員ですよ。すごいね

相変わらずの角田のうざ芸を軸とした作りこまれたコントは
ほんと隅から隅まで笑えました。
笑うってほんと人生において大事です。彼らのコントのようなプロに
笑わせてもらう笑い、だけでなく自分で面白がる笑いを見つけなきゃ
本来はいけないんでしょうけど、でもプロの笑いってほんと貴重です。

彼らもそこそこ売れているのにちゃんと高品質な単独ライブを
やり続けるってほんと彼らはコントが好きなんでしょうね。
好きで天職なことでお金をもらえるってすごいことですね。

次のライブは7月ですって。
次も行きたいな。

今日のBGM
A'e Halawai
Teresa Bright

テーマ : 芸人ライブ - ジャンル : お笑い

笑福亭鶴瓶一門会

一門会、というだけあって、鶴瓶のお弟子さんも含めての会、になっているわけですが。
もうあまりにインパクトが違いすぎて、お弟子さんの落語はふっとんでしまいました。
それぐらい鶴瓶の落語がすごすぎた。

鶴瓶が演じたのは錦木。大名と按摩という身分が違うものどうしの
ゆるぎない友情を描いた落語。くすりと笑わせる部分も多々あるものの
結末で私は号泣。落語で「号泣」ははじめての経験です。

ストーリーにしちゃうと単純で、泣かせにかかっているストーリーなのです。
ああ、落語で泣くなんてと思いながら泣いてしまう鶴瓶の話術はさすがの一言。
そしてこれは話術だけじゃないと思うんです。
おそらくは鶴瓶さんのお人柄にもよるんじゃないかと。

落語には異例の前説にニッポン放送のアナウンサーの上杉さんが
落語を理解するのに必要なその当時の身分制度を開設されたんですけど
そこでの解説のさなかに鶴瓶さんの垣根を越えて人間関係を築かれるすごさに言及されていたのですが
(本論とはずれますが、彼の解説もまたさすがで、胸をうちました。鶴瓶さんも
「いやうまいこと解説するよね」と舌をまいてましたけど)
彼のその人柄がこの落語を深いものにしているんでは?と思いました。

売れっ子だけに、落語のその腕については「どうなのよ?」とちょっと疑ってかかりながら
見に行ったのですがいやいやすんばらしい。
次もまた機会があれば行きたいです。

ちなみに。
この錦木を鶴瓶さんがやろう!と思ったのは私が敬愛してやまない
喬太郎さんの落語を聞いたからなんですって。喬太郎さんの錦木も
聴いてみたいわ・・・。

今日のBGM
やさしい気持ち
CHARA
昨日の落語にふさわしい一曲かな。

2011年振り返り:お笑い

お笑い振り返りでかかせないのは東京03。
これはね、お笑い好きなら見ないと損するライブです。

売れてきちゃうとライブってなかなかやらなくなるんですけど
これからもぜひライブやり続けてほしいなあ。

あとは桃月庵白酒さんの独演会。
これまた腹の底から笑える落語。

来年は演芸場にもっと行っておきたいかなあ。

今日のBGM
Yayaya
T-ARA

・・・こ、これはいったい

東京03 図星中の図星

前回ためしに行ってみた東京03の単独公演があまりに面白かったので
今回のライブにも行ってみました。

今回も当たり!
相変わらず角田の気持ち悪芸、空気よまない芸が炸裂。
別にどってことない日常を大げさでない形で展開していて
さすが。相当笑えるライブでした。
次回もライブあったらぜひ行きたい!

前回のライブはちょうど東京03といろいろあったとうわさされている
某大物タレントが引退したばかり、だったのですが
そのときのお花よりも今回のほうがお花の量が多く、しかも
お笑いタレントのお花の数が多かった気がしたのは気のせい?
気のせいだよね、たぶん。

今日のBGM
Base Ball Bear
Tabibito in The Dark

テーマ : 芸人ライブ - ジャンル : お笑い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。