フランス スト体験

フランスに旅行したら地下鉄がストで大変な眼にあった
というような話はちょこちょこ聞くのですがとうの私はまったくそんな
体験をしたことがなかったんですが、日本にいながらはじめて立て続けに
フランススト事情に直面。

まず最初は日仏学院。
この1月から久々通いだしたのですがこの土曜に通学してみたら
職員の皆様と思しき方がなにやらビラを配ってましてビラを見ますと
ストやってます!を日本語とフランス語で訴えられている模様。
あちこちでしかも絶え間なく配ってるもんだからいちいち「もうもらいました」と
うったえなきゃいけないのにはちょっと閉口。
休んでいた時期もあったけど、それなりに日仏に通い続けてきてこれは
初めての体験でした。私の授業はストにもかかわらずちゃんと成り立っていましたけど
ストというからには何か業務が停止しているものもあるのでしょうね。

次のスト体験はラジオフランス。
通勤の時はラッシュなんで本を読むことすらままならないんで
ラジオを聴いているのですがラジオフランスを聞かんとしたら
「私たちは今ストの最中につきごめんなさい」的なアナウンスが流れて
以降はひたすら音楽が流れるという、あるいみ新鮮な番組構成でした。

日仏学院のようなところでのストは、まあ想像の範囲内でしたけど
ラジオは想像だにしなかったなあ。
ちなみに朝はスト中でしたけど、帰りの通勤では普通に番組は再開されてました。

ここまで立て続けの体験はたまたま、なのか、
そういう季節なのか・・・。

今日のBGM
そして2人は恋をした
古内東子






スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

Je suis Charlie

書こうか書くまいか迷いましたが、これからフランスの記事を書くのに
どこにいってきれいだった、素敵だった、おいしかったという案内だけになるのは
このご時世違うかなと思うので記しておくことにします。

報道などでご承知おきと思いますが、パリで、風刺で有名な週刊誌Charlie Hebdoが
襲撃され、警察官はじめ多くの死傷者が出ました。
フランスの報道は今この事件一色ですし、政敵同士であるはずの、オランドとサルコジ
もこの件ではタッグを組んでいるようです。フランスのあちこちで抗議デモもおこっていますし
Face Bookのプロフィール社員にJe suis Charlie のロゴを出しているフランス人も多い模様です。

フランス文化に触れているのであればこの事件に触れないのはおかしなこと、
なのですが、日本人が中途半端な見解でこの事件に触れるのはあまりよろしくないな
と思っています。武力はいけないとか、言論の自由とかそういう当たり前のことを書く
のもちょっと違う。

よく9.11と比較されますが9.11とちょっと背景が違うんじゃないか、というのが私の意見です。
そりゃ背後にアルカイダなどの組織があったりするところは同じかもしれないですが
フランスの「移民」に対する「融和」と「差別」そして「差別に対する反論」、「反論から出てくる
相互理解と新たな差別」この繰り返しがこの事件にはあるような気がするのです。
そしてこうした意見に偏りや、ある意味問題発言ととらえられるような
発言が混じっていたとしても、発言しあい、自らの意見を表明し議論しあうことを
重要視してきたのではないか、と思います。
それは単なる差別意識を超えた深い葛藤とプライド、があります。

こうした議論を通じてテロや暴動がおこるすれすれの環境下でどうにか折り合いをつけてきた
のが今のフランスでは、という気がします。
なのにそれが雪崩のように崩れ落ちるのではないか、という恐怖感がこの事件によって
フランスに芽生えたのかなという気もします。

とここまで書いたところで、それはあくまでも門外漢の勝手な感想。
この事件は単なる「テロ」を超えた複雑なかの国の事情がからまった
恐ろしくも悲しく、難しい事件、なのです。

今日のBGM
I Guess That 's Why They Call it TheBlues
Elton John







ゴルティエ×コカコーラ

パリの地下鉄の電子広告でしょっちゅう流れていたのが

ゴルティエ×コカコーラ

このゴルティエ×コカコーラ シリーズ

ゴルティエ×コカコーラ2

ゴルティエ×コカコーラ3

なんか本人のりのりな感じで、異色だけど面白い。
さすがゴルティエ

下の方に出ている瓶はたぶんゴルティエデザイン?
私はさほどコーラ好きではないんで、お店にうられていたかどうか
気づかなかったけど今思えば買っておけばいい記念になったかも。
惜しいことをしました。

今日のBGM
Sabbath Bloody Sabbath
Rhe Cardigans






テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

2012年のエッフェル塔

別に目新しいものでもなんでもないはずなのに、街中にはえるエッフェル塔を目にすると
ついシャッターをきってしまいます。

今回のエッフェル塔


その昔には異様にしか映ってなかったこの塔ですけどいまや、
街できれいに生えるエッフェル塔がみえると、なんか運がいい気がしちゃう。
この建物をみないですむよう、いまはなき、エッフェル塔内のフレンチレストランに
通い詰めたという某作家は今のエッフェル塔に対する世界中の観光客の
歓声をどう思うんだろ?

今日のBGM
Street of Dream
Bobby Caldwell

テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

パリ 市立近代美術館

市立近代美術館というちょいとマイナーな美術館なのですが
ここには見逃してはならない名作が。

それは
dufyの壁画

こちらのDUFYの壁画。
電気を称賛したこの絵、よーくみるとオウムとか、電気発明に貢献したいろんな人が
楽しげに近衛を彩っています。

この絵のほかにもDUFYの作品がたくさんありますし、モリジアニの名作も数々。
パリ博覧会のおしゃれなポスター類も楽しい。
美術館は近くの小学生が見学に来ていました。贅沢だなあ・・・。

今日のBGM
Troubles In Paradise
Huey Lewis and The News


テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報