7月大歌舞伎

を見てきました

話題なのは夜の部の宙乗りですが、私が見たのは昼の部
襲名したばかりの市川右團次の矢の根
海老蔵がコミカルに悪党按摩を演じる加賀鳶
巳之助と海老蔵が親子獅子を演じる連獅子

矢の根は安定の演目
元々はお正月のネタですが、襲名のお祝いってことで
よしとされてるんですかね。
せりふ回しも舞も素敵だけど、実はこのお芝居
裏方さんの底力が光るお芝居
舞台の上で早変わりがなされたり
馬がなんとちゃんと人を乗せて最後花道を通っていく、
など、技術と度胸がないとなかなかできない芸当が実にさりげなく
展開されます。すごいことをさらっとやる歌舞伎をみると
いつも芸事の深さを思い知らされます

加賀鳶は、人は殺すは、言いがかりをつけて
ゆするは、妻に暴力をはたらくは、とまあとんでもない主人公なんですが
黙阿弥のせりふ回しの豊かさと、演者の力とで
なんだかまぬけでおかしな芝居に仕上がってしまいます。
海老蔵もよかったけど、さばきをおこなう中車が相変わらず達者です

最後の連獅子
最初の舞はちょっと私には物足りなく感じましたが
最後の舞はさすがの迫力。
合間の男女蔵と市蔵の狂言がよくよく考えると結構ぎりぎりな
ネタなのだけど、これまたなんでもないことのようにかるーく
演じられていました。ほんと黙阿弥、洒落がきついお方です

ということで、歌舞伎ってもちろんよしあしの違いはあれど
金返せには絶対ならない、間違いない娯楽です
本日も眼福、そんな言葉は日本語にないけど耳福
満足、な1日でした

今日のBGM
Sweet memories
大野雄二








スポンサーサイト

幸せなひとりぼっち

幸せなひとりぼっち

別に格段感動的なエピソードがあるわけでもなく、偏屈なじじいに
ちょっと変わったご近所さんのありそでなさそなエピソード、の映画です。
でもなんだか泣ける不思議な映画。

人間所詮運不運、と言ってしまったら身も蓋もありませんが
このじじいを見ていると、悪運は幸運への近道であり
幸運は不幸のはじまりなのだなということをしみじみ感じてしまいます。

悪運続きのじじいが、その悪運をも、幸せに変えてしまう唯一無二の幸運は
奥様との出会い。
でも一方で奥様にまつわるエピソードこそが彼の不幸そのものであり
本当に人生糾える縄のごとし

映画で語られるエピソード自体は結構シビアなものなのにほっこりする
のはなぜなのか。人生にも未熟で人生を語る語彙が不足している私には
なかなかそこは説明できないのですが、見知らぬ市井の人々のなにげない
人生はどれも味わい深い、趣ある景色が描かれているはず。

当たり前だけど価値があるそんな真実を、思い起こさせてくれる素敵な映画です

今日のBGM
Every Breath you Take
Police

明治座4月歌舞伎

久々の歌舞伎鑑賞。
勘九郎、七之助、菊之助という豪華、かつ達者な演者たちでほんと隅から隅まで楽しめました。
私は昼の部を鑑賞しましたが、演目は
.芦屋道満大内鑑 葛の葉
.末広がり
.女殺し油地獄

葛の葉は七之助が情愛あふれる女狐の役を情感たっぷりに演じ、末広がりは勘九郎がコミカルに軽やかに、しかしながら芸の厚さをしっかり感じさせ、最後の油地獄の油で滑りながら死に至るというシーンは、ほんとに油が目の前にあるかのような錯覚を覚えました。
笑えるシーンじゃ本来はないんだけど客席からはこらえきれずに笑いがこぼれてしまっててなんだかな、と思いましたが、笑いって緊張と緩和からうまれるものなのよね。
そう考えると自然のごとだし、笑いすらひきおこしちょうのはそれもまた演者の力、なのかもしれません。

今日のBGM
Trapped
All saints

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

最高の花婿

最強のふたり、もそうだったけど、本音と建て前ぎりぎりの移民ネタ、はいまや一番
フランスがぴったりくるのかな。
観終わって一番に思ったことはそうでした。

最後はなんとなくハッピーエンド風にしてますけど、決してフランス人の奥底に
流れている差別意識は消えてるわけではありません。またスノッブなフランス人に
対しての各人の気持ちもくすぶり続けていることも明白です。
映画という魔法の中では嫌な気持ちにならないで終われるネタですけど
現実生活ではそうもいかないだろうほんとぎりぎりのネタ。

しかしながら、それが映画として成り立っているのはせりふのスピード感
と各俳優の魅力あってのこと。そしてそのせりふを際立たせ俳優陣の魅力
を際立たせた監督の力量あってこそです

それにしてもここ数年、ハリウッド並みにわかりやすいフランス映画が
増えてきましたね。私は小難しいその昔のフランス映画はあまり好きではない、
けどこれ以上ハリウッド化しちゃったら、あまのじゃくで気難しくて、意地悪な
フランス人らしさがなくなりそう・・・なんて思うのは私もやはりあまのじゃくなのかな。

今日のBGM
Back in Time
Huey Lewis and The News





Une Parisienne 殿方ごめんあそばせ

殿方ごめんあそばせ

現代はパリジェンヌ、だが邦題はさすが昭和、仰々しいのう。
B.B,つまりブリジットバルドー主演の映画。

実はわたくしB.Bの映画を見るのははじめてで。
写真でしかB.Bって見たことなくて、さほど彼女の魅力がわからなかったのですが
動いてる彼女を見て納得しました。これはすごいや。
彼女のかわいらしいけどかっこよく、ぎりぎり下品な
着こなしに圧倒されます。

そう、ただお人形みたいにかわいいんじゃなくて
スパイスが利いてるんだよなあ。

ここまで魅力的だと、ストーリーだの演技だのなんて
どうでもよくなります。
中身はまるでないんだけどね。

今日のBGM
Time Ain't Money
Huey Lewis and The News

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画