スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年

いわずもがな、今日で3年目、です。

あの日で、いろいろな問題が被災地に限らず日本各地で顕在化されました。
被災地の悲しみや怒りがどんどん深く、広くなり、救い難い気持ちになることも
増えました。

一方でいい方向に変わったかな、と思うこともあります。
少なくとも日本人は自然災害や人災がそれがたとえ自身の身近におこった
ことでなくとも、関心をもち、なんらか動くことを当然と考える人間は
増えたのではないかと思います。
フィリピンの災害しかり、先日の大雪の被害しかり
おかしいことはおかしいといい、自分がやれることは何かを
考える人間は増えた、と私の感覚では思います。

なお私は震災を機に何が変わったか、といえば
自身の社会人としての責任、についてです。
どういう状況であれベストを尽くしてこそ社会人であり
一方でどうあれ、最優先に考えるのは人の命であり安全で
あるという大原則。
震災前も当然にその思いで日々社会とかかわっていた「はず」
ですが、局面にたってぎりぎりまで考えた経験を経た後に
いうお題目、は自身の中でだいぶ違うものに生まれ変わっています。

姪っ子がうまれてからはさらに「家族」と「社会人としての責任」
という兼ね合いも考えるようになりました。
もちろん、実のこども、ではないですし、私が守らずとも弟夫婦が
まず彼女を守るでしょうが、でもたとえば弟夫婦にもしものことが
あり震災で彼女一人が実家にいたとしたならば。
職場でスタッフが死に直面していて、ほかに託せるひともいないなら
私は職場を選んだかもしれません。
あるいはスタッフをおいて姪を守りに走ったかもしれません。

姪が産まれる前、私は迷わず職場を選びました。
東京だったから安全を見越していた、というのもあるにはありますが
親がどうしているか、なんて当時の私はまったく気にしていませんでした。
独り身だし、とにかく職場を守る、スタッフを安全に帰す
できるだけ不安を取り除く、それだけを考えました。
こどもがいたら、そこに専念できずどちらについても気もそぞろ
ということになったろうな、それはすごい心理状況だろう、
と今はしみじみ思います。

自身の環境の変化、復興の状況、新たにでてくる課題、
ETCで震災後、のその心境もまた変わってくるのでしょう。
風化、でなく考えが変わっての変化、であるならば
それはよいことなのだ、と信じ3年目を迎えたいと思います。

今日のBGM
How come How Long
Babyface Feat. Stevie Wonder;
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

自然災害思わぬ影響

昨日は全国で暴風だったようで。
まさかそんな暴風になるなんて思いもよらなかったのですが
思いがけず昨日は早く帰れまして、交通マヒに巻き込まれずに
すみました。

想定外の暴風で、ん?いったい何がおこってるんだ、と
ニュースを検索したら、毎度おなじみの爆弾低気圧
で、私がみた予報は落雷注意報も出てました。

そこには、落雷に向けての注意がいろいろ出てまして
結構いろいろ勉強になったんですよ。
たとえば、部屋の中にいても、落雷がある場合は
壁に近寄ると危険、とか。

へえ、でもまあ鉄筋ならそりゃそうよね。
と思ったのですが、さらに!!な衝撃が。

水道も、落雷時は水道管を通して電気が通ることがあるので
お風呂や、炊事、洗濯は厳禁、とそのサイトには書いてありました。

へえ・・・知らなかった。

そもそも雷ってそうそうしょっちゅうあるものじゃなかったと
思うんですね。あってもゴロゴロ・・と遠くの方で音がして
それで終わり。今みたいに、あ、近くで落ちた、すごい音、
という雷が年に何回もあるものじゃなく
そうそう雷に神経質にもならなかった気がします。
でも今は落雷注意報、といわれれば、まずい電車がとまるかも
とか、家の電気大丈夫かな、とかいろいろ思うようにはなりましたし
そもそも落雷注意報という言葉に?とも思わず、いつ?どれくらい
と詳細を確認するようにもなりました。

自然の脅威というのは今に始まることなく
感じていたものですが、ここ数年は本当に
脅威を実感することが増えましたし、生活が便利に
なった分思いがけない形で自然のこわさ、を感じることが
増えました。

自分の知っている範囲で安心せずに、自然災害には対峙していかないと
いけないですね。

今日のBGM
マリワナ伯爵
サザンオールスターズ

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

成長ではなく成熟

エッセイスト、という紹介をされることが多いですが
私の中では「広告批評」を始められた尊敬すべき先人という
位置づけの天野祐吉さんがお亡くなりになりました。

お亡くなりになったことで彼のエッセイがあちこちで
振り返られてましたけど、その中で「あ、そうか、そうだ
そう考えればいいんだ」と、今までの疑問がふっと
消えてくるような気になった言葉が

これからは成長ではなくて成熟だ

という言葉。

そうか、そうだよ、これだよ。

とにかく成長ありき、で言われてもなんか違うよなと思うし
もう成長なんてしなくていいじゃないか、と言われてもそれも
違う、と思うのです。
せっかく人として生まれてきた以上、何かいい形で変わってはいきたい
停滞はなんかさびしいし、後退ももっと悲しい。
数字は同じでも、中身が成熟なら、うれしいし、なんだか幸せになれそうな
気がします。

天野さんは一方でもっと経済のことだけでなく文化を考えていける
国でなければというのも訴えておられました。
本来日本人は文化なしでは生きられない国ではと私はふんでいます。
政治も、敬愛をささえる企業も、経済成長ありき、まずはそこに軸を
おいて戦略を練っているというのに、誰も最初は投資などしてこなかった
さまざまなカルチャーが世界を席巻しているのはこれいかに。
いわゆる伝統芸能ばかりが文化ではないわけで、かわいい文化、漫画
アニメ、アイドル・・・・日本でいくつもの新たなアートが
いつの間に生まれ育ってきているのは、やはり日本人は自分なりの
美意識や表現意欲を捨てきれず、絶えずなんらかの形で発散し
享受する民族なのでは、という気がします。
その自覚をもって、そういう意識をもっと大事にしよう、とみんなが
思ったら、もっともっと面白くも成熟した、いきいきした日本に
なれるのでは、と思います。

今日のBGM
Going Down Slow
Huey Lewis and The News




テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

文化はぜいたく品でなく生活必需品です

タイトルの言葉は私の言葉ではなく
17日の朝日新聞に掲載されたアニエスジャウイさんの言葉。

彼女はこの後こう続けます
「経済的にも貧しくても美しい音楽や映像に触れる機会は
平等に保障されるべきです。自分とは違う他者を理解
することで、人種差別や戦争、自身の孤独と闘うすべを
培うことができるからです。


その国をうやまい、何より興味をもてるようになるのは
政治的な動きや経済の発展によるものよりも
やはり文化によるところのほうが大きい気がします。
ミャンマーにしたって、アウンサンスーチーさんの活動や
弾圧の報道を通じて感じる関心と、かの国の仏教文化を
通じていだく関心はやっぱり大きく違う。
どちらも大事な関心だけど、自分にひきつけて「感じる」
ことができるのはやはり文化によるものであり
理屈でなく感じたことほど共感度も高くなるんでは、
と思います。

なお17日の朝日新聞はこの記事以外にも読み応えのある記事
満載。こういう記事がたくさん出ていたら新聞も買う意義があるってもんですよ。
まあ論拠的にやや乱暴なものもありはしましたけど、誰にでも書ける記事でなく
記者のこだわり・息遣いが感じる記事はやはり読者の目にとまるものと思います。

今日のBGM
これが私の生きる道
PUFFY


テーマ : アート - ジャンル : 学問・文化・芸術

また選挙なわけだけど

なんだかとうとう選挙にあいなるみたいで。
与党民主党からは選挙の敗北を見越して、ではなかった
党の政策に共感できず離党者が出たり、新党がたちあがったり
なんだかいろいろあわただしいですな。

私が危惧していること。
それは、またまた選挙によって極端に議席が動いてしまうこと。

なんだかそれってちょっとあほっぽくないですか、と思うのです。

あんなに民主党を持ち上げて、あれだけの大勝をもたらしたのは
誰でもない、国民の責任。
なんで、あそこまでの大勝をもたらしておきながら
あんな内閣支持率になったのか。
いやまあ支持率はあんなもの「人気投票」みたいなものなので
おいておくとして、あそこまで国民に支持を受けた政党の内閣が
もたらした成果と過失はいかほどのものだったのか。

期待していたのに、成果が出なかった、というのが投票に投じた
国民の気持ちでしょうけど、選んだものの責任をどう考えるのか。
なんで期待を大幅に下回る成果を出しえなかったのか。
見る目のなさを振り返ることなく、ただ現状がいやなのでなんでも
いいので変えてほしい、ということだけで選挙を繰り返しても
日本の政治は進化しないんじゃないですかね。


私は前回民主党に票は投じなかったものの
格段民主党ではだめだという明確かつロジカルな確信も
もちえていなかったよな、と思っています。
曖昧かつ感覚的な考えで投票に投じたという意味合いでは
私も偉そうなことはいえないわけで。

国民の一人として、誰に、どこに投票するかだけでなく
なぜ、そこに投じるのかを今回こそはきちんと考えたいな、と思います。

今日のBGM
LOVERS partIIfeat.若旦那
加藤ミリヤ

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。