ル・コルビジェ展

コルビジェ展

アルチンボルド展と同時に開かれていたのはコルビジェ展
アルチンボルド展のチケットをいただいたとき、おっ、コルビジェ展も見られるじゃんと浮き立ちました。

コルビジェの建物をちゃんと見て体験できているのはこの西洋美術館のみ
あとはパリの建築博物館で、アパートの再現を見ただけ。でもこのアパートがめちゃくちゃかっこよくて、うわあいいなと、記憶に残ったのでした

さて、でこのコルビジェ展ですが、生原画を見られるかと思いきやそうではなく
そこはちょっとがっかり。
でも西洋美術館ができるまでの足取りを追うことができます

ネットはもちろん、FAXすらなかった時代に、結構な数の図面をやりとりしている様子がわかります。
建築についてはド素人ですから、この図面のやりとりを見ても何がどう変わっていったのかよく
読み取れないところもありましたが、どうやらいろいろ妥協をよぎなくされたところがあるように
読み取りました

彼の思惑はさておいて、西洋美術館は実に見やすく居心地がよく
展示物と建物とのバランスがいい美術館だと思います。
美術館において光の入れ方や建物の素材、構成にこっていくことは
今や当たり前になりつつありますが、彼の建物はそのはしり、ではないかと思います。

素敵な建物を、いろいろ不便だったあの頃に、残してくれた建築家と、これを実現させた
日本の裏方の皆様にあらためて感謝したくなる展覧会でした。

今日のBGM
Trouble in Paradise
Huey Lewis and The News
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

アルチンボルド展

アルチンボルド1

国立西洋美術館で開催されているアルチンボルド展
同僚から無料招待券をいただきましてちょっくら見に行ってきました。

興味はあったのだけど積極的には見に行かないかなと思っていたこちらの美術展ですが
行ってみて思いのほか、出物な美術展でした。

まあご存知な方はご存知でしょうが、アルチンボルドは動植物を組み合わせて
あたかも人の顔みたいに見せる絵画の異才です。
本来は宮廷画家なわけですが、宮廷という贅のかぎりをつくせ
またその中で知の限りも尽くせる環境で実験的な美術を展開している様はなんとも異様。

でも新たな芸術はまともな環境よりも、やや狂気がかった中で生まれることが多いのは
美術史が証明しています。また美術は、それこそマズローの法則ではないですが衣食が十二分に
たりなければうまれえない芸術で、余裕のある財力と、またそこにある、財だけでない欲がでてきたときに
大きく、多く作品がうまれていくこともまた、歴史が証明しています。
アルチンボルドの奇妙な取り組みもこうした背景で生まれたのだなということをこの美術展で私は初めて
知ることとなりました

あとはひたすらへー、ほー、なーんでこんなこと思いつくかねえというアルチンボルドファンの人たちから見たら
「お前さんちゃんとわかってんのかい」と突っ込まれそうな感想ともつかない感想、ため息をつきながら
鑑賞が終わっていきました。

さて後日。偶然仕事で研修をうけました。受けた研修のテーマは一言でいえば、「違う観点で課題を見返す」という
もの。企業の理屈で商品サービスを見た場合と顧客が見た場合、はたまたお役所が見た場合
訴訟になって司法が見た場合、さらに言えば日本と文化の違う諸外国が見た場合
見え方、は違います。
理屈でそこはわかっているつもり、でも実際自分はその視点にしがみつくのが常である、というのが
研修のテーマでした。

研修の最中ずっと考えていたのはこのアルチンボルド展のことでした。
言ってることはまあわかるがいまいち要領をえないというか
腑に落ちない講師の話を聞き流しながら、変な理屈をこねられるより
アルチンボルドの絵を何枚か見たほうがよほど説得力がありました。

若いころ、年取ったおっさんたちが、仕事と直接関係ない本や芸術に触れることが
仕事のヒントになる的な話をしているのを聞き、けっ、何言ってんだかと
ずーっと思ってました。芸術は芸術、仕事は仕事。芸術を仕事としていない限り
あくまで気分転換として、芸術は役に立つと若いころは思ってましたが
年齢を重ねていくにつれ、関係なさそうな分野から案外仕事のヒントってあるもんなのね

私は別に経営者でもなく、ごく普通の平社員にすぎないですけど
それでも、長く仕事をしてくると仕事から想像できることって若いころから
変わってきている実感があります。仕事で学んだことが友達関係や
家族との関係に生きてくることもあるし、その逆もしかり。
難しく考えすぎてどつぼにはまらないように注意しつつ
人生を重Philaねてきたからこそ、深まるはずの思考力や知識をいかして
いけたらいいですね。

今日のBGM
Beethoven Violin concerto inD.Op.61-1
Allegro Ma Mon Troppo
Takako Nishizaki Kenneth Jean
Slovak Philharomonic Orchestra

流星ワゴン

流星ワゴン

7月大歌舞伎での市川中車の好演を見たその日、たまたま再放送していたこのドラマの初回を視聴。
あっという間にひきこまれ、2回目以降もその日のうちに見てしまいました。

このドラマも香川照之なしでは、ありえないドラマ、ですが、配役が絶妙です。
また映像も実に美しい。
私は原作を読まずドラマから入ったわけですが、これを映画、ではなく
ドラマで作ろう、しかもこの配役で、と考えられること自体、制作陣の底力が
感じられます。

それにしても香川さん、歌舞伎にもコンスタントに出て、こういったドラマや映画も
ばりばり出て、いったいいつ休んでいるのやら。
歌舞伎と他ドラマ、映画とかけもちするだけでも相当大変なはずなのに
幼いころから歌舞伎をしていたわけではなく、40過ぎてからの歌舞伎出演なんて
常人にはできない、凄技です。
彼が出演してくれていたら、絶対、それなりの作品だ、と確信できるだけに
今の活躍ぶりは、ファンとしてはありがたい限りですが、体力的には無理が
効かなくなる年代でしょうから、お体には気を付けていただきたいなあと思います。

今日のBGM
Girls of summer
Aerosmith

Hueyさん New アルバム 発売

といっても、ベストアルバムなんですけどね。
しかも、オランダで発売なんですけどね。
ただ、オランダ、だけどアマゾンならどこでも買えちゃいますからこれは確実に
朗報といえましょう。

ベストアルバムはあちこちからいろいろ出てますが今回は3枚組
そしてすごいのは、クローバー、という今のグループの前に組んでいた
グループのころの曲、とかディズニーのために1曲歌ったOnce upon a time in New York City
とか、実にマニアな曲がてんこ盛りで入っているのだ

世界各国のファンは絶賛熱狂中で
「ラッキー、私家族がオランダに住んでいるから家族に頼むわ」なんて書き込みも
Face Book上でされてました。うんわかるよ、実に気持ちわかる。

偶然なのかなんなのかよくわからないけど、
ほんとのほんとのほんと、で
「そういやあ前アルバムだしてから彼はどれくらいアルバムだしてないんだろ。
出したらきっとWEB上で告知するだろうけど
でも私がまさかの確率で見逃していて、そのアルバムからライブで一曲なんてなったら
後悔してもしきれないから、確認しとかなきゃ」
とか今朝ぼんやり思っていたんです。そしたらまさかの告知じゃないですか。
人間ってある程度予知能力があるのかもしれません。

という非科学的な感想はともかく、ライブだけでない夏のお楽しみがひとつできました

7月大歌舞伎

を見てきました

話題なのは夜の部の宙乗りですが、私が見たのは昼の部
襲名したばかりの市川右團次の矢の根
海老蔵がコミカルに悪党按摩を演じる加賀鳶
巳之助と海老蔵が親子獅子を演じる連獅子

矢の根は安定の演目
元々はお正月のネタですが、襲名のお祝いってことで
よしとされてるんですかね。
せりふ回しも舞も素敵だけど、実はこのお芝居
裏方さんの底力が光るお芝居
舞台の上で早変わりがなされたり
馬がなんとちゃんと人を乗せて最後花道を通っていく、
など、技術と度胸がないとなかなかできない芸当が実にさりげなく
展開されます。すごいことをさらっとやる歌舞伎をみると
いつも芸事の深さを思い知らされます

加賀鳶は、人は殺すは、言いがかりをつけて
ゆするは、妻に暴力をはたらくは、とまあとんでもない主人公なんですが
黙阿弥のせりふ回しの豊かさと、演者の力とで
なんだかまぬけでおかしな芝居に仕上がってしまいます。
海老蔵もよかったけど、さばきをおこなう中車が相変わらず達者です

最後の連獅子
最初の舞はちょっと私には物足りなく感じましたが
最後の舞はさすがの迫力。
合間の男女蔵と市蔵の狂言がよくよく考えると結構ぎりぎりな
ネタなのだけど、これまたなんでもないことのようにかるーく
演じられていました。ほんと黙阿弥、洒落がきついお方です

ということで、歌舞伎ってもちろんよしあしの違いはあれど
金返せには絶対ならない、間違いない娯楽です
本日も眼福、そんな言葉は日本語にないけど耳福
満足、な1日でした

今日のBGM
Sweet memories
大野雄二